Lyric

2020.4.3 Fri

TAG : 

ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.90 〜flossy〜

ヒップホップの歌詞からストリートで使える英語を学ぼう

FacebookTwitterLine

WHAT’S UP,  GUYS!
ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.90の今回取り上げる単語は「flossy(フロッシー)」。

READ ALL

「元々は「超イケてる、ド派手」といった意味だ。早速USラップのリリックから使われ方をチェックしてみよう!

まずチェックするのはAriana Grande「7 rings」!

①Ariana Grande 「7 rings(2019)」

My wrist, stop watchin’, my neck is flossy
Make big deposits, my gloss is poppin’
You like my hair? Gee, thanks, just bought it
I see it, I like it, I want it, I got it
「私の手首、見るのを止めて。私の首ならフロッシー。
大口の預金、グロスは弾けてる。
髪が好きって?ありがと。買ったばかりなの。
見て、好きなって、欲しくなったら手に入れる。」

いつの間にか完全にブリンブリンになってしまったアリアナちゃん。
Mikaとの「Popular Song(2012)」やZeddとのコラボ「Break Free(2014)」の頃のアイドル路線からは完全に脱却した大人の色気を見せつける1曲だ。
現在総資産100億円以上と言われる彼女にはもはや手にいれらないものはない、ブリンブリンなアクセサリーを身につけて、最強フロッシー・モードて感じだね。

続いて紹介するのは、Fergieの「Glamorous」!

②Fergie「Glamorous(2006)」

We flying first class, up in the sky
Popping champagne
Living my life in the fast lane
I won’t change by the glamorous
Ooh, the flossy, flossy
「ファーストクラスで飛ぶ。空の上。
 弾けるシャンパン。
 ファーストレーンで生きてる人生。
 華やかな生活でも私自身は変わらない。
 フロッシー、フロッシーでしょ。」

ヒップホップヘッズから世界の歌姫に成り上がったファーギーのアツいバイブスが込められた1曲。今はファーストクラスで空の上でシャンパンを開ける生活でも、彼女自身の中身は何も変わらない。リアルなヒップホップヘッズのままだぜ。てメッセージだ。
そのスタンスこそがフロッシーて感じだね。

「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.90のラストは
A$AP Rockyの「Fukk Sleep ft. FKA twigs」!

③A$AP Rocky 「Fukk Sleep ft. FKA twigs(2018)」

Blunt smoke, smoke weed, codeine, cough
Tell that bitch that I’m awesome, better back the fuck up off me
Coco, Céline, Tiffany, she flossy (oh)
「スモークするブラント、ウィード、コデイン、咳。
 あのビッチに言っときな。オレはマジでイケてるって。
 まぁ引っ込んでた方がいいぜ。
 ココ、セリーヌ、ティファニー、彼女はフロッシーさ。」

USラップシーンを代表する色男、エイサップ・ロッキーのリリックだ。ロッキーからしたら、シャネルやセリーヌ、ティファニーなどの超高級ブランドを女の子にプレゼントするなんてお安いもの。ロッキーからハイブランドをプレゼントされた女の子はフロッシーになるてわけだ。ただただ反則的にかっこいいぜ。

RESPECT FOR ALL RAPPERS!
SEE YA!

TARO

訳は全て意訳です。(索引:Genius https://genius.com/ )

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG