live it up|ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.236

ヒップホップの歌詞からストリートで使える英語を学ぼう

ライター:TARO

今回紹介するスラング

live it up

楽しく生きる
紹介アーティスト
Ja Rule, Ma$e, Dr Dre
live it up|ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.236
他のスラングを辞書で見る

WHAT’S UP, GUYS!
ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.236。
今回取り上げる英語は「live it up(リヴ・イット・アップ)」。「人生を楽しく生きる」という意味の言葉だ。

今回もUSヒップホップシーンを代表するラッパーたちのリリックから「live it up」の使い方をチェックしてみよう!

まず紹介するのは2000年代を席巻したラッパー、Ja Rule(ジャ・ルール)のヒット曲「Livin’ It Up」!

Ja Rule「Livin’ It Up ft. Case(2001)」

What, do I do?
To everybody that be livin it up, we say

オレが何してるかって?
人生を楽しんでるみんなに向けて、言ってやるぜ

2000年代ヒップホップの華やかなバイブスがこれまでかというくらいに詰め込まれたアゲアゲな一曲だね。この曲がリリースされた2000年代初頭はジャ・ルールが怒涛の快進撃を続けていたタイミング。
2000年にリリースしたセカンド・アルバム「Rule 3:36​​」がビルボード1位を獲得、その翌年リリースしたサード・アルバム「Pain Is Love​​」でも続けてビルボード1位を達成するなど、まさに“live it up(人生を楽しむ、謳歌する)”していたんだ。ちなみにジャ・ルールはこの時期の爆発的なヒット以後はなかなかラッパーとしては上手くいかず。音楽業界ではすっかり過去の人になってしまう。そんなジャ・ルールなんだけど、実は今起業家として再び注目を集めている。現在彼はIT業界への出資に力を入れており、昨年には他の起業家と共に今最も注目されている技術、NFTを利用したアート展「Black is Beautiful」を開催。新たなキャリアで再びlive it upしてるんだ。

続いて紹介するのはこちらも90年代から2000年代初頭のUSラップシーンを盛り上げたラッパー、Ma$eの「Feel so Good」!

Ma$e「Feel So Good(1997)」

Head west, red Lex, TV’s all up in the headrest
Try and live it up, ride true, a bigger truck

西へ向かうぜ、赤いレクサス、ヘッドレストにテレビ完備だぜ
人生を楽しむぜ、本物のでかいトラックに乗ってるぜ

「西へ向かう」というのはこのMVのロケ地でもあるアメリカ西部、ネバダ州のラス・ベガスに向かうという意味。メイスの愛車、赤いレクサスは、座席のヘッドレストにテレビ完備してある。今の時代ではタクシーなどでも普通に装備されているヘッドレスト部分のテレビだけど、この曲がリリースされた1997年当時はめちゃくちゃ特別仕様。お金持ちの人のステイタスの一つだったんだ。売れっ子ラッパーとなって、特別仕様の車に乗れるようになったメイスはまさに人生をlive it up してるってわけだね。

ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.236のラストを飾るのは、Dr Dre(ドクター・ドレー)の「The Next Episode」!

Dr Dre「The Next Episode ft. Snoop Dogg(2000)」

Thug niggas, drug dealers, yeah, they givin’ it up
Lowlife, yo’ life, boy, we livin’ it up

サグなやつら、ドラッグの売人たち、拍手喝采
お前らは底辺生活、オレたちは人生を楽しんでるぜ              

「The Next Episode」からスヌープ・ドッグのヴァース。
ロサンゼルスのゲットーから成り上がって来たスヌープはまさにフッドのヒーロー。
悪いやつらもみんなスヌープを応援してるって感じだね。
そしてヘイターたちに食らわせるのが、“Lowlife, yo’ life, boy, we livin’ it up(お前らは底辺生活、オレたちは人生を楽しんでるぜ)”の強烈な一撃。自分のことを悪く言う連中はまだまだ貧乏生活を送っているけど、自分たちはラップでしっかり稼いで楽しく生きているぜって感じだね。

 

【歌詞出典元】Genius
*訳は全て意訳です。

こんなスラングも知ってる?

番外編

90年代 メンズ・アイドル特集
紹介アーティスト
Five, *NSYNC, Backstreet Boys
番外編90年代 メンズ・アイドル特集|ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.69

where

関係副詞 where の使い方
紹介アーティスト
Eric B & Rakim, Will Smith, Nas
where|ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?Vol. 4

sober

シラフ、酔っ払ってない状態
紹介アーティスト
G-Eazy, Far East Movement, Common
sober|ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.6
他のスラングを辞書で見る

タグ一覧