baby|ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.202

ヒップホップの歌詞からストリートで使える英語を学ぼう

ライター:TARO

WHAT’S UP, GUYS!
ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.202。今回取り上げる単語は「baby(ベイビー)」。
スラングでは「可愛い子ちゃん」という意味で使われる言葉だね。早速USラップでの使われ方をチェックしていこう!

まず取り上げるのは、J.Cole(J・コール)の「Wet Dreamz」!   

J.Cole「Wet Dreamz(2014)」

I wrote back and said
“Of course I had sex before,” knowin’ I was frontin’
I said, “I’m like a pro, baby,” knowin’ I was stuntin’

オレは手紙をこう返したんだ
「もちろん、セックスをしたことあるぜ」
イキがってるてわかってた
「オレはまるでプロだぜ、ベイビー」
強がってるってわかってんだ

“wet dream”とは「エロい夢」のこと。 この曲はJ・コールが童貞の頃を歌った曲で、コールと当時の彼女の淡い恋愛が描かれている。

高身長、イケメン、おまけにバスケのスキルもプロ級ということでめちゃくちゃモテそうなJ・コールにもウブな時代があったんだね。

続いてはDrake(ドレイク)の「Nice For What」!   

Drake「Nice For What(2018)」

I understand, you got a hunnid bands
You got a baby Benz, you got some bad friends

わかるよ、お前が持ってる100ドルの札束。
ベイビー・ベンツとバッド・フレンズ。

「Nice For What」は働くイケてる女の子へのドレイクの応援歌。
“baby Benz(ベイビー・ベンツ)”とはメルセデス・ベンツのエントリーモデルであるCクラスのことであり、努力して成り上がった女の子が手にしたベンツのことを歌ってるて感じだね。

ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.202のラストを飾るのはケンタッキー州ルイビル出身のシンガー兼ラッパー、Bryson Tiller(ブライソン・ティラー)の「Don’t」! 

Bryson Tiller「Don’t(2014)」

Baby, it’s whatever
Somebody gotta step up
Girl, I’m that somebody, so I’m next up

ベイベー、何でもいいけどさ
誰かが前に出なきゃいけないだろ
なぁ、オレがその誰かさ、次に来るやつさ

ブライソンの甘すぎるリリック。彼氏持ちの女の子に対して、オレの方がイケてるぜってアピールしてるて感じだね。イケメンのブライソンならではのセクシーなリリックだぜ。