Lyric

2021.9.1 Wed

TAG : 

ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.161 〜 woadie 〜

ヒップホップの歌詞からストリートで使える英語を学ぼう

FacebookTwitterLine

WHAT’S UP,  GUYS!
ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」Vol.161の今回取り上げる単語は「woadie(ウッディー)」。

READ ALL

「信頼できる友達」という意味のスラングだ。早速USラップでの使われ方をチェックしてみよう!

まずは大ブレイク中のThe Kid LAROI(ザ・キッド・ラロイ)の新アルバム、「F*CK LOVE 3+: OVER YOU」からInternet Money (インターネット・マネー)と YoungBoy Never Broke Again(ヤング・ボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン)がフューチャーリングで参加した「TRAGIC」!

The Kid LAROI 「TRAGIC ft. Internet Money & YoungBoy Never Broke Again(2020)」

They ain’t my friend, ain’t my woadie, ain’t my dawg
For to get some money be the only reason that they come around

「あいつらはオレの友達じゃねぇし、ウッディーでも、ドッグでもない。
 あいつらがオレの周りに寄ってくる唯一の理由は金さ。」

「TRAGIC」からヤング・ボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインのリリック。
 今やUSの若手ヒップホップを代表するラッパーとなったヤング・ボーイには、多くの人が群がってくる。だけどその多くはウッディーじゃない。金目当ての連中が多いぜ感じだね。

続いては、Lil Duke(リル・デューク)の「Diamonds Dancing」!

Lil Duke「Diamonds Dancing(2017)」

I just put some diamonds in her plain Jane Rollie (Plain Jane Rollie)
I just put some icey on all of my woadies (Facts)

「オレはただ彼女のプレイン・ジェイン・ローリーにダイヤモンドをつけるのさ。
 オレはただオレのウッディーたち全員にアイシーをつけさせるのさ。」

“ plain Jane Rollie (プレイン・ジェイン・ローリー)”はダイヤモンドなどの装飾がされてないロレックスのこと。リル・デュークは彼女にロレックスをプレゼントし、ダイヤモンドをつけさせる。そして彼女だけじゃなく、自分のウッディーたち全員に高価なジュエリーをプレゼントし、“ アイシー(ジュエリーをたくさん身につけている状態)” にさせるて感じだね。

「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.161のラストは、Lil Baby(リル・ベイビー)の「Solid」!

Lil Baby「Solid(2020)」

My lil’ woadie said he fightin’ demons, feel like he gotta kill
And I just left the hood to catch a vibe and that shit give me chills

「オレのリル・ウッディーは言ってる、彼は悪魔と戦っているんだって。
 殺さなきゃいけないと感じてるんだって。
 オレはフッドを後にする。バイブスをキャッチして、安らぎを得るために。」

リル・ベイビーの地元、アトランタのフッドでは生きていく上で様々なものと戦わなくてはいけない。“ My lil’ woadie said he fightin’ demons, feel like he gotta kill(オレのリル・ウッディーは言ってる、彼は悪魔と戦っているんだって。)” は犯罪、ドラッグ、貧困などフッドで生きる上で直面する様々な困難との戦いを表したリリックだ。リル・ベイビーはそんなフッドを抜け出して、今は安らぎを得ているて感じだね。

RESPECT FOR ALL RAPPERS!
SEE YA!

TARO

訳は全て意訳です。(索引:Genius https://genius.com/ )

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG