Lyric

2020.2.20 Thu

TAG : 

ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.84 〜Flex〜

ヒップホップの歌詞からストリートで使える英語を学ぼう

FacebookTwitterLine

WHAT’S UP,  GUYS!
ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.84の今回紹介する単語は「Flex(フレックス)」。

READ ALL

「見せつける」という意味だ。日本のヒップホップシーンでもよく使われるスラングだね。さっそくUSラップでの使われ方をチェックしていこう!

トップバッターはCardi Bの2018年のヒット曲、「I Like It」!

①Cardi B, Bad Bunny & J Balvin「I Like It(2018)」

Hop out the stu’, jump in the coupe (Coupe). Big Dipper on top of the roof. Flexing on bitches as hard as I can. Eating halal, driving the Lam’. Told that bitch I’m sorry though (Sorry though).
「スタジオを飛び出して、クーペに乗り込む。屋根にはビッグ・ディッパー。ビッチたちにガチで見せつける。ハラルを食べて、ランボルギーニでドライブする。あのビッチには言ってやったけどね。ごめんねって。」

Big Dipper(ビッグ・ディッパー)は「北斗七星」のこと。「クーペに乗って、屋根にはビッグ・ディッパー」て聞くと、オープン・カーの屋根を開けて、夜空でも眺めているのかな?と思いがちだけど、カーディ・レベルになるとさらに1ランク上。実は北斗七星があるのは夜空ではなく、車内の天井だ。カーディが夫、Offset(オフセット)の2017年の誕生日にプレゼントした世界最高峰の高級クーペである「Rolls Royce Wraith(ロールスロイス・レイス)」にはオプションで天井に光ファイバーを使った星空の装飾ができる。しかも自分の好きな星座のデザインにできるんだ。

その参考の画像がこれ。https://www.rolls-roycemotorcars.com/en_GB/inspiring-greatness/objects/under-the-stars.html  愛車に自分専用のプラネタリウムが作れちゃうこの「スターライト・ヘッドライナー」カスタム。なんと参考価格で140万円前後というスーパー高級オプションなんです。新車で4000万円前後と言われるロールスロイスにさらにこんなオプションをつけちゃうなんで。。そらフレックスしたくなるわ。。。

続いてはA$AP Rocky「Praise the Lord (Da Shine)  」!

②A$AP Rocky「Praise the Lord (Da Shine)  (2018) 」

Flexin’ on these niggas, every bone and muscle. Steady taking shots, but never hurting numbers. Even then, y’all don’t worry nothin’. And I’d like to give a shout-out to my niggas with a game plan. And shout-outs to my niggas with escape plans. Uh, twenty bands, rain dance. We could either rain check or we can make plans.
「連中にフレックスする。骨と肉の一つ一つまで。安定した弾道。でもナンバーには傷はつかなねぇよ。その時も、心配すんなよ。ゲームプランを持った仲間たちにシャウト。脱出プランを持った仲間たちにシャウト。20個の束。レインダンス。また今度にしてもいいし、今プランを練ってもいいぜ。」

高級車やハイブランドの服だけでなく、骨と筋肉の一つ一つまでフレックスできちゃうのが、USヒップホップシーン随一の色男、エイサップ・ロッキー。へイター達がどれだけ Steady taking shots(安定した弾道)で攻撃してきても、彼の number(お金)は傷つかない。仲間たちとパーティーする場では、twenty band(20個の札束)をバラまき、ドル札の雨の中でギャル達にダンスさせる。イケイケすぎるぜ…。

続いてはJaden Smith(ジェイデン・スミス)「Icon」をチェキ!

③Jaden「Icon(2017)」

I am not a Mayan, I’m a menace (menace). It’s wild, you can lie like a professor. I don’t got the time to put you on the stretcher (stretcher). I am here and I’m still flexing (flexing). I am just an icon living.
「オレはマヤ人じゃないけど、脅威。ワイルド、お前はまるでプロフェッサーみたく嘘をつく。ストレッチャーにお前をのせる時間もない。オレはここにいる。まだフレックスし続けている。オレはただの生きてるアイコンなのさ。」

名俳優ウィル・スミスを父に持ち、自身も子役や俳優、モデルとして小さい頃からエンターテイメントの世界で活躍してきたジェイデン・スミス。ラッパーとしても超イケてるジェイデンなんだけど、実は彼が俳優やラッパーという活動の傍らずっと力を入れているのが環境保全活動。小さい頃に行ったサーフィンで、海にペットボトルが浮かんでいるのを見て、環境問題に興味を持つようになったんだって。最近では、アメリカの企業「JUST goods, Inc」と共同で完全紙パックの飲料水「JUST WATER」をプロデュース。今世界で問題になっているプラスチックゴミの問題に飲料水という側面から取り組もうとしているんだ。ただ高級車やハイブランドの服を見せつけるだけでなく、これからの時代を生きる若者として環境保全活動にも積極的に取り組む姿勢を世界中の人に“フレックス”しているジェイデン。そんな姿勢こそが彼を時代の“アイコン”としているんだね。

RESPECT FOR ALL RAPPERS!
SEE YA!

TARO

訳は全て意訳です。(索引:Genius https://genius.com/ )

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG