Lyric

2021.6.2 Wed

TAG : 

ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン? Vol.148〜 presence〜

ヒップホップの歌詞からストリートで使える英語を学ぼう

FacebookTwitterLine

WHAT’S UP,  GUYS!
ヒップホップ好きイングリッシュティーチャー TAROが送る「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.148の今回取り上げる単語は「presence(プレゼンス)」。

READ ALL

「存在、存在感、貫禄」といった意味だ。早速USラップでの使われ方をチェックしてみよう!

まずチェックするのは、DJ Scheme(DJ スキーム)が今のUS若手ラップシーンを引っ張る、Cordae(コーデー)、Ski Mask the Slump God(スキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッド)、そしてTake a Daytrip(テイク・ア・デイトリップ)と組んだ1曲「Soda」!

DJ Scheme、Cordae, Ski Mask the Slump God & Take a Daytrip
「 Soda (2020) 」

Don’t even gotta finish my sentence, they feelin’ my presence

「オレは自分のセンテンスを終わらせる必要すらない。
あいつらはオレの貫禄を感じてるからな。」

「Soda」から尋常じゃなくドープなフローを放つスキー・マスク・ザ・スランプ・ゴッドのヴァース。スキーの存在感とフローはまさに唯一無二。そんなスキーはもやはリリックの文章を完結させる必要すらない。なぜなら人々は彼の貫禄に圧倒されるから。ラップをせずとも、存在感だけで説得力があるスキーならではのリリックだね。

続いては、Joey Bada$$(ジョーイ・バッドアス) の「Hardknock」!

Joey Bada$$ 「Hardknock(2012)」

Smoking on the Clematis, get open like a present is
Now your presence is on the premises for them presidents

「クレマチスでスモーキン。プレゼントみたくオープン。
 お前の存在は敷地の上で横たわってる。大統領達のためにな。」

ブルックリンを代表するリリシスト、ジョーイ・バッドアスのテクニカルなリリック。まず冒頭に出てくる “Clematis(クレマチス)”は観賞用として人気の植物。「つる性植物の女王」として知られ、特に紫色の花を咲かせる品種が有名だ。紫色の花でスモーキンというと思い起こさせるのは、そう、マリファナだ。マリファナを吸って、チルな気分になったら気持ちが解放されるもの。まるで君の気持ちはクリスマスに開けられるプレゼントみたくオープンな気持ちになっちゃうてわけだ。でもストリートではチルな気持ちになりすぎるのも危険だ。うかうかしてるとすぐに事件に巻き込まれてしまうのがジョーイの地元ブルックリンのストリート。“presidents(アメリカの紙幣には過去の大統領の肖像画が印刷されていることから、お金の意味)”目的の連中に襲われて挙句、誰かの敷地で横たわってるなんてことになりかねない。リアルなストリートの風景をメタファーを混ぜながら歌ったヒップホップ・リリシズムのお手本のようなリリックだ。

「ラップで使われてるスラングの意味、ユナーミーン?」 Vol.148のラストを飾るのは、2Pac(2パック)とSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)の「2 of Amerikaz Most Wanted」!

2Pac 「2 of Amerikaz Most Wanted(1996)」

I bust and flee, these niggas must be crazy, what?
There ain’t no mercy motherfuckers who can’t fade the thugs
You thought it was, but it wasn’t, now disappear
Bow down in the presence of a boss player

「オレならぶっ放して逃げる。連中は間違いなくイカれてるぜ。
 あのサグたちを消せねぇマザファッカーどもにかける慈悲はねぇな。
 お前はそう思ってたかもしれねぇが、違ぇんだよ。今や消えちまってるぜ。
 オレの存在感にひれ伏しな。」

2パックとスヌープによるギャングスタな1曲。MVの冒頭では当時抗争中だった The Notorious B.I.G (ザ・ノトーリアス・B.I.G)とPuff Daddy(パフ・ダディー)に似せた俳優を使った劇を行うなど、リリックも含めかなり攻撃的。90年代西海岸のヒリヒリした空気感が伝わってくる1曲だ。

RESPECT FOR ALL RAPPERS!
SEE YA!

TARO

訳は全て意訳です。(索引:Genius https://genius.com/ )

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG