畳屋ラッパー / 徳田直弘 a.k.a. MC TATAMIが『今ハマっているラップ』|あの人も実はヒップホップ

地元・福岡県朝倉市を愛するラッパー、MC TATAMIが今ハマっているのはあのレジェンドラッパーの一曲!

ライター:TARO

ヒップホップ好きのスポーツ選手や文化人のお気に入りの曲を毎月紹介していく「あの人も実はヒップホップ」。

今月は畳職人であり、ラッパー、MC TATAMIとしても活動する徳田直弘 (とくだ・なおひろ)さんに4回に渡ってインタビューしていきます。第2回目は「今ハマってるラップ」について話して頂きました。

地元を愛するラッパー、MC TATAMI

レペゼン:
普段はどういった場所でラップされてるんですか?

徳田直弘 :
地元・福岡県朝倉市の敬老会や幼稚園の発表会、地域のお祭りとかで歌ってます。
クラブやライブハウスの方が、ヒップポップ好きの人に聴いてもらえるってのはわかるんですけど、自分は小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、畳のことを伝えたいので、あえてそっちに振って、みんなが聴けるようなラップ作りを心がけて作ってます。

レペゼン:
まさに老若男女に文化を広げているんですね。

徳田直弘:
そういう意識はしてますね。あとは地域のこと、朝倉のことを歌うことがよくあります。なので大体畳と朝倉の二つを掲げてやってる感じです。

レペゼン:
素晴らしいです。
フッドを盛り上げようというマインドがすごくヒップホップ的で、めっちゃかっこいいです。

徳田直弘:
ありがとうゴザいます!

今ハマっているのはフッドへの熱い思いを歌ったあのラップ

レペゼン:
それでは、今回は「今ハマってるラップ」を教えてください。

徳田直弘:
今は八王子少年「MY HOMIE ft. ファンキー加藤 」ですね。

レペゼン:
LITTLEさんの!
めっちゃ良い曲ですよねー。
この曲の思い出とかはありますか?

徳田直弘:
実は以前LITTLEさんとご挨拶させていただいたことがあって。

レペゼン:
すごい!
どういう経緯で挨拶されたんですか?

徳田直弘:
TOKYO FMで、ラッパーのKEN THE 390さんとチーム未完成の砂糖シヲリさんのラジオ番組があって、その番組に自分が出演したときに、自分の次のゲストがLITTLEさんで。それでどうしてもご挨拶したくて、スタッフさんに「ご挨拶したいです!」って言ったら、「全然いいよ」って。LITTLEさんも自分のことを知ってくれてたみたいで。

レペゼン:
すごい!

徳田直弘:
また最近の動きをインスタとかで見てるんですけど、やっぱ地元を推してるってところがめちゃくちゃアツいなと思って。

レペゼン:
八王子をレペゼンしてますよね。

徳田直弘:
あれだけ有名になって、すごい人気のアーティストさんではあるんですけど、LITTLEさんじゃなくて “八王子少年” でやってるっていうのもまたかっこいいんですよね。

レペゼン:
確かに。

徳田直弘:
PVとか見ても、やっぱ八王子で撮ってるし。
最近では地元に八王子商店っていうアパレルショップを出されてて。
そういうのもあってこの曲すごく良いなと。

レペゼン:
良いですね!
「MY HOMIE」で好きなリリックはありますか?

徳田直弘:
LITTLEさんのヴァースの、

八王子東京JAPANオレ在住
042 ROCK ON ここから世界中
闘っている 仲間へのエール
お前が思ってるより遥か彼方へ飛べる
ホーミーズビーアンビシャス
俺たち夢を見ずに何になる
まだ辞めてねえから負けてねえ
ただ勝ててねえだけで負けてねえ
諦めてねえ サジ投げてねえ
その声 張り上げていけ!

の部分はめちゃくちゃアガります。
この曲を聴くと、自分も地元の朝倉についての曲を作りたいなと思います。

レペゼン:
朝倉少年ですか。

徳田直弘:
朝倉少年やりたいです笑

レペゼン:
やっぱり自分の地域とか、レペゼンしてる場所とかを歌ってる曲が好きなんですか?

徳田直弘:
そうですね。自然にそういうのを聴いたりしますね。それもヒップホップの影響が強いかもです。
キングギドラさんとかZeebraさんとかそういう方々はやっぱリリックの中で、渋谷とか出してたりするじゃないですか。

レペゼン:
確かに。

徳田直弘:
地元とか仲間意識とか、そういうのはヒップホップの影響かなと思います。

レペゼン:
それで地元の家業を継ぐっていうところにも繋がってきてるんですかね。

徳田直弘:
そうですね。
やっぱり家業を継いでも、地元のいいところをどう広めるかっていうのは常に思ってたりするので。
それは多分ヒップホップをずっと聴いてたからこそ、その愛が出てくるんじゃないかなと思ってます。

 

畳屋ラッパー、徳田さんが今ハマっている曲は八王子少年 「MY HOMIE」!次回は『和室に合うラップ』を聞いていきます!お楽しみに!

プロフィール

  • 徳田直弘(とくだ・なおひろ)

    徳田直弘(とくだ・なおひろ)

    福岡県朝倉市の117年続く老舗、徳田畳襖店の4代目後継者、国家資格 1級畳製作技能士。平日は畳職人として働く傍ら、ラッパー、MC TATAMIとして畳と地元、朝倉市について広める活動を行う。畳という素材にヒップホップのクリエイティビティを融合させたアート制作でも注目を集めており、その活動は音楽に留まらず、アパレルやアートにまで及ぶ。2022年は博多阪急で個展を開催し、アート19作品を売約した。

タグ一覧