ヒップホップ好きお笑い芸人 / いぬ・太田がスベった時に聴くラップソング|あの人の勝負曲 Vol.20

太田さんが元気をもらえるアツいラップソングとは?

ライター:TARO

ヒップホップ好きのスポーツ選手や文化人のお気に入りの曲を毎月紹介していく「あの人の勝負曲」。

今月は「キングオブコント2022」ファイナリストであり、芸人フリースタイルラップ部に所属するなどヒップホップ好きとしても知られるお笑い芸人のいぬ・太田さん(写真右)をゲストにお迎えし、キングオブコントの裏話や、「出番前に聴くラップ」「ネタ作りの時に聞くラップ」など4回に渡ってインタビューしていきます。

第4回目の今回は「ウケた時、スベった時に聴くラップソング」ついて、そしてヒップホップで繋がった芸人仲間や先輩との関わりについて話して頂きました。

ウケた時に聴くラップソング

レペゼン:
まずウケた時に聞くヒップホップとかってありますか?

太田:
ウケたときはICE BAHNさんの「負ける気がしねぇ」ですね。

レペゼン:
アツいすね!「負ける気がしねぇ」に関して何か思い出はありますか?

太田:
僕ら若手の劇場でやってるんすけど、13年目なんで、その中ではもう上の方なんですよ。ただICE BAHNさんの「負ける気がしねぇ」って「オレたちおじさんだけど、若手には負けねえぜ」みたいな曲なんですよね僕たちも「若手には負けないぜ」っていう気持ちにさせてくれるんです。

レペゼン:
良いすねー。

太田:
どんどん若手に追い抜かされたりする中で、自分を励ましてくれますね。
去年のキングオブコント優勝者の空気階段も後輩ですし、それこそ僕たち、去年のキングオブコントは準々決勝で負けちゃったんで。

レペゼン:
それは悔しいですね..。

太田:
そう。でもそっから相方と「やり方を変えよう」って話して、毎月新ネタライブをするようにしたんです。

レペゼン:
毎月はすごいですね!

太田:
結構大変でしたね。
焦りまではなかったですけど、そういう頑張っている時にこの曲を聴いてました。
それで今年のキングオブコント前はこの1年間やったことに自信がついて「負ける気がしねぇ」っていう思いはありましたね

レペゼン:
良いですね!好きなリリックはありますか?

太田:
「誰も知るはずのないその価値に気付かす 一気にひっくり返す 負ける気がしねえ」っすね。

レペゼン:
パンチラインっすね。

太田:
ひっくり返したいなって思ってた時だったんで。

スベった時に聴くラップソング

レペゼン:
スベった時に聞く曲はありますか?

太田:
PONEYさんの「SUKIKATTE」です。

レペゼン:
結構僕も好きです。

太田:
あれいいですよね。
「俺らやりたい事やる やめたい事やめる 議論の余地なし お前もだろ?」っていうリリックがめっちゃ好きです。スベった時も自分たちは間違ってないんだって事を言い聞かせるんです、伝わらなかっただけだって。

レペゼン
じゃあ周りに合わせたりしない?

太田:
あんまり寄せようとか思わないです。

レペゼン:
ヒップホップっすね。太田さんは結構へこんだりとかあるんですか?

太田:
僕、割とポジティブなんで、そんなにへこむってことはないんすけど、相方が結構ナイーブで、一喜一憂しすぎちゃうんです。
そういう時に、この「SUKIKATTE」を聞いて、「やりたいことやってるんだから」って慰めの意味で、「間違ってないと思うよ」ってことは言ってますね。

レペゼン:
いいっすね。仲良い芸人さんでヒップホップ好きの人とかいますか?

太田:
それこそ、とろサーモンの久保田さんと仲良くさせてもらったきっかけがフリースタイルラップで。
僕らがルミネの前説をさせてもらった時に、「お前宮崎なんだろう」って話しかけてくれて。

レペゼン:
久保田さんも宮崎ご出身ですもんね。

太田:
そうそう。
で、ヒップホップの話になって。そしたら久保田さんが「じゃあやろうぜ」ってiPhoneから音流してお互いにフリースタイルをして。

レペゼン:
めちゃめちゃヒップホップ笑

太田:
そうなんです笑
で「お前いいな」みたいに言ってもらえて。それで飲みに連れて行って頂きました。

レペゼン:
へええ、めっちゃおもろい。

太田:
繋げてくれたのがヒップホップなんです。

仲の良いあのラッパーとラップソングをリリース

レペゼン:
仲のいいラッパーさんとかいますか?

太田:
PONEYさんすね。以前「フリースタイルティーチャー」という番組で知り合って。
芸人1人に対してラッパーの先生がついてくれる番組なんですが、僕はPONEYさんについて頂いたんです。
結果1回戦で負けちゃったんですけど、そっから仲良くしてもらって。
すごく熱い方で、いろいろ教えてもらってます。
最近では音源も出そうよって言ってくれて、実は音源出してるんです。

レペゼン:
すごい!なんて曲なんですか?

太田:
「いい夢、それ現実」って曲です。
PONEYさんとカルデラビスタさん、あと芸人の後輩のおとんどぅ福田っていうやつの4人で出しました。
You Tube Musicなどいろんなところで聴けますので、ぜひチェックしてみてください。

レペゼン:
それは絶対チェックですね。
いぬさんとしてはYouTubeチャンネルもやってますよね?

太田:
はい。「いぬコントフィルム」っていう僕らのコントをショートフィルム風に撮ったネタ動画を出してます。ぜひそれも見てもらえたら嬉しいです。

レペゼン:
僕は「おしっこビール」ってやつが好きです。

太田:

あれも後半見れば見るほど気持ち悪い展開にいくんで。

レペゼン:
めちゃくちゃおもろかったです。

太田:
ありがとうございます。

レペゼン:
最後に無茶ぶりしてもいいですか?

太田:
なんでしょう?笑

レペゼン:
取材を終えての気持ちをフリースタイルでお願いします。

太田:
ええー!!
無茶ぶり笑

レペゼン:
ぜひ聞いてみたいです。

太田:
わかりました笑

【フリースタイルを披露してくれた太田さん】

YO,YO,Ah,Yay Yay,Yeah
いきなりの無茶振り  振られても
やるしかない  それが芸人
だって俺がこの原因
全然言葉生まれてこないけど
この音がずれてるかもしれないけど
やっとこうやって 
この日々が訪れたことに感謝しながら
フリースタイルかます 
とろサーモン久保田さんと出会ったのも
これがきっかけ  いい加減
もうこういうことしたくない
ほんとは恥ずかしい  でもその想い
羞恥心  を崩すように 
真っ赤になりながらやってます  Yeah
こうやって取材してくれたことにまず感謝 
こんな無名な俺でも有名になるために
頑張りますぜ  Yeah!

レペゼン:
イェー!ということで、決まりましたね。ありがとうございます!!

太田:
ありがとうございました笑

ヒップホップ好きお笑い芸人/いぬ・太田さんがPONEYさんと一緒に出した「いい夢、それ現実」は超渋い一曲。YouTubeチャンネル「いぬコントフィルム」も最高に面白いのでぜひチェックしてみてね!

プロフィール

  • 太田隆司(おおたりゅうじ)

    太田隆司(おおたりゅうじ)

    1987年生まれ、宮崎県出身。高校の同級生である有馬徹とお笑いコンビ「いぬ」を結成。2人が作り上げる「キモ面白い」コントはまさに唯一無二であり、お笑いファンから熱い支持を受けている。2022年9月には「キングオブコント」の決勝に進出。YouTubeチャンネル「いぬコントフィルム」にてコントショートムービーを配信している。

タグ一覧