ヒップホップ好きお笑い芸人 / いぬ・太田が初めて触れたラップソング|あの人の勝負曲 Vol.18

太田さんが同級生にどうしても謝りたい話とは!?

ライター:TARO

ヒップホップ好きのスポーツ選手や文化人のお気に入りの曲を毎月紹介していく「あの人の勝負曲」。

今月は「キングオブコント2022」ファイナリストであり、芸人フリースタイルラップ部に所属するなどヒップホップ好きとしても知られるお笑い芸人のいぬ・太田さん(写真右)をゲストにお迎えし、キングオブコントの裏話や、「出番前に聴くラップ」「ネタ作りの時に聞くラップ」など4回に渡ってインタビューしていきます。

第2回目の今回はコンビ結成にまつわる秘話、そして同級生とのほろ苦いエピソードも飛び出した「初めて触れたラップソング」について話して頂きました。

「お笑いやろうぜ。」伝えたのは部活中の意外な瞬間

レペゼン:
どういう経緯で芸人になろうと思って、コンビを組んだんですか?

太田:
僕は小さい時からずっと芸人やりたいなっていうのはあったんですけど、なかなか一人だと踏み出せなくて。で、当時相方の有馬も高校の同級生でお笑い好きそうな感じだったんで、話していくうちに一緒にやってみるかってなった感じですね。

レペゼン:
有馬さんがいたから決心できたと?

太田:
そうですね。
ずっと夢でやりたいっていうのはあったんすけど、やっぱり怖くて、動きだせなかったんで。
相方がいたおかげでいけたって感じですね。

レペゼン:
良いですね。
太田さんから誘ったんすか?

太田:
僕から誘いましたね。相方はお笑い好きなくせに、芸人になりたいとかは言わなくて。
それで、僕たち二人ともラグビー部に所属してたんですけど…練習でスクラムしてるときに言いました。「お笑いやろ」って。

レペゼン:
えぇ!
スクラムっていうとみんなで押し合うやつですよね?

太田:
そうそう。
その時は1対1の押し合いの練習で、体格が一緒だったんで相方と二人でやってたんです。
そのタイミングで言いましたね。

レペゼン:
なんて言ったんですか?

太田:
「あの…俺たちってさ、勉強もできんし、運動音痴で顔もブサイクやけどさ、お笑いやったらできるんじゃねえか」って「そうだな」って言って、そのままって感じですね。

レペゼン:
めちゃくちゃ良い話ですね。
たぶん芸人界で唯一じゃないですか、スクラム中に結成したの。

太田:
恥ずかしいですけどね。なんでそのタイミングで言ったのか、未だにわかんないですけど。

レペゼン:
いやぁ良い話です。
ちなみに相方の有馬さんはヒップホップ聴くんですか?

太田:
相方はT.M.Revolutionしか聴かないです。
いまだにカラオケ言ってもT.M一択ですね。

レペゼン:

太田さんが同級生にどうしても謝りたい事とは?

レペゼン:
今回は初めてヒップホップに触れた曲を教えてください。

太田:
ケツメイシさんの「トモダチ」ですね。

ケツメイシ「トモダチ」

レペゼン:
懐かしいです!

太田:
中2とか中3ぐらいのときに、周りがみんな「トモダチ」を聴いてて。
そっから僕もケツメイシが好きになって聴くようになって、アルバムも買ってましたねー。

レペゼン:
「ケツノポリス」ですよね。

太田:
そうそう、「ケツノポリス」!
で、高校になってケツメイシをめちゃくちゃ好きな男友達ができたんですよ。
僕より全然ケツメイシのこと好きで、親友ってぐらい仲良かったんですけど。そんな中で、地元の宮崎にケツメイシが来るってなった時があって。

レペゼン:
えー!すごいじゃないすか!!

太田:
いやほんとに。マジで田舎なんで、そんなこと中々ないんすよ。
で、めちゃくちゃ盛り上がってみんなで行こうぜって。
それでチケット予約したら…僕だけ当たって、その友達が外れちゃったんですよ。

レペゼン:
なるほど…。

太田:
ただ僕、4枚当たってて

レペゼン:
なんという引きの強さ笑

太田:
それで、僕は当時付き合ってた彼女と2人で行こうってなったんですね。
で、2枚余ってるけどどうする…?と。

レペゼン:
それは、ケツメイシ好きの友達を誘えばいいんじゃないですか?

太田:
そうですよね…。でもその友達が、実は僕の彼女が僕と付き合う前に好きだった人で…。「なんかこれ一緒に行きたくないな」って。

レペゼン:

太田:
なので、彼女のお姉ちゃんとその友達の方にチケットをあげて、4人で行ったんです。
今思うと「なんて心の狭いことをしちゃったんだろう」って
もう親友ぐらい仲のいい友達で、ケツメイシの話とかめっちゃしてたのに…。

レペゼン:
しかもその曲のタイトルが「トモダチ」ですからね笑

太田:
そうなんです。
辛い..。

レペゼン:

【高校時代の太田さんと有馬さん】

レペゼン:
その後、友達と溝はできなかったんですか?笑

太田:
ちょっと気まずかったです。
向こうは、本当にケツメイシが大好きなのに行けなかったし、お前が行くんだっていうのもあるし、何より誘ってくれないんかいっていう。

レペゼン:
じゃあバレちゃってはいるんですね。

太田:
バレてましたね。

レペゼン:
今もその方とは友達ですか?

太田:
一応高校卒業しても連絡取り合ったりしてたんですけど、8~9年ぐらい前に、その友達が結婚するってなって結婚式招待してくれたことがあって…。

レペゼン:
なるほど。

太田:
でも当時芸人はじめて2〜3年目の頃だったんで、ほんっとにお金なくて、祝儀が払えないから「仕事ある」って嘘ついて断っちゃったんですそれから本当に疎遠になっちゃいましたね。

レペゼン:
あー…。それは辛いですね…。

太田:
相方も同級生で仲良くて、一緒に誘われてたんですけど…2人で話し合って、「仕事あることにしよう」って言って断っちゃったんで…。

レペゼン:
それは雪解けしたいですね。
この記事読んでもらって、「あっ」ってなってもらいたいですよね。

太田:
そうですね…。
名前、内田って言うんでもう載せちゃってください。

レペゼン:
わかりました。内田さん、これを読んでたら、ぜひ太田さんに連絡をお願いします。
太田さんが仲直りしたがってます。

【あの時はごめんね】

ヒップホップ好きお笑い芸人/いぬ・太田さんが初めて触れたラップソングはケツメイシ「トモダチ」!次回はネタ作りの時のヒップホップを聞いていきます!お楽しみに!

プロフィール

  • 太田隆司(おおたりゅうじ)

    太田隆司(おおたりゅうじ)

    1987年生まれ、宮崎県出身。高校の同級生である有馬徹とお笑いコンビ「いぬ」を結成。2人が作り上げる「キモ面白い」コントはまさに唯一無二であり、お笑いファンから熱い支持を受けている。2022年9月には「キングオブコント」の決勝に進出。YouTubeチャンネル「いぬコントフィルム」にてコントショートムービーを配信している。

タグ一覧