書道家/墨象家 古川司裕(ふるかわ・しゆう)が書を書くときに聴くヒップホップ曲|あの人の勝負曲 Vol.9

今注目のカリグラファー、古川司裕のお気に入りのヒップホップ曲とは?

ライター:TARO

ヒップホップ好きのスポーツ選手や文化人のお気に入りの曲を毎月紹介していく「あの人の勝負曲」。今月は書道家/墨象家、古川司裕(ふるかわ・しゆう)さんをゲストにお迎えし、書道家としての活動のお話や、書道中に聴くヒップホップ曲、チルする時に聴く曲などについて聞いていきます。第1回目の今回は「書道中に聴くヒップホップ曲」について話して頂きました。

ヒップホップ好きの書道家/墨象家 古川司裕

レペゼン:
自己紹介をお願いします。

古川司裕:
書道家/墨象家の古川司裕(ふるかわ・しゆう)です。
作品制作が主で、スクールで子供から大人まで書道はもちろん墨画やアート書道も教えています。
僕の中ではスクールはもちろんなのですが、今は結構、墨象家(ぼくしょうか)としての活動に力を入れています。

レペゼン:
「墨象」というのは?

古川司裕:
「墨象」は簡単に言うと、墨を使ったアートですね。
そこで僕なりに新しいジャンルを確立したいなと思っています。

【古川さんの作品】

レペゼン:
ありがとうございます。
企業さんからの案件で作品を作られる場合が多いという事ですが、実際にはどのような仕事をされているのですか?

古川司裕:
多いのはお店の看板だったり、店内装飾、ロゴのデザインなどですね。
テレビCMとかの装飾の演出を依頼されることもあるし、最近だとeスポーツの分野での仕事とかもあります。今度パソコン周辺機器メーカーのELECOMさんから新しく発売されるゲーミングデバイスがあるんですけど、そこの企画に参加させて頂いたりもしてます。

レペゼン:
良いですね。主に東京とか関東圏の仕事が多いんですかね?

古川司裕:
最近だと栃木県小山市での街おこしや長野の武石観光協会の観光PRとか、あと淡路島での仕事とか地方の仕事もありますね。

レペゼン:
すごい。全国で仕事があるんですね。

古川司裕:
そうですね。ありがたいことに色々活動させて頂いてます。

古川司裕が書を書くときに聴くヒップホップ

レペゼン:
普段はヒップホップはよく聴きますか?

古川司裕:
めちゃくちゃ聴きますね。
最近お気に入りの一曲は、Kaine dot Coの「 Circulate feat. 釈迦坊主, Dogwoods (Prod. DJ UPPERCUT)」です。

古川司裕:
あとは日本だとMeisoとかも好きですね。USだとXXXTENTACION かなぁ。

レペゼン:
なんだろう、結構エモいというか、クールなスタイルの方が好きな感じですか?

古川司裕:
そうですね。
オラオラしてるのは聞かないですね。あとリリックより音で聞いちゃうんで、音がよかったら好きになりますね。

レペゼン:
音派ってことですね。好きなビートメイカーとかはいますか?

古川司裕:
自分のアート映像の音をやってもらってるYUNG HIROPONの音がめっちゃ好きですね。彼ってニート東京の動画だったり、普段はクレイジーなんですけど、ビートを作る時は人格が変わったようになるんです。とてもカッコいい音を作る激推しのビートメイカーですね。

レペゼン:
この映像拝見させて頂いたんですけど、YUNG HIROPONさんの音もJUNSHIN TANAKAさんの映像もほんとにかっこいいですよね。

古川司裕:
ありがとうございます!

レペゼン:
ヒップホップからインスパイアされて作品ができたことはありますか?

古川司裕:
あります。服のブランドのロゴを担当したときですね。
その時「リリックだけ見せられて、この感じに合うように」って言われて。
そこからインスピレーションを膨らませて作りましたね。

レペゼン:
面白いですね。
実際に作品を作る時に、ヒップホップをかけたりするんですか?

古川司裕:
ずっと流してます。
じゃないと自分の気持ち的に入り込めないんですよ。

レペゼン:
入り込む?

古川司裕:
例えば、仕事で尖った、強めの作品を作らなきゃいけない時ってあるんですよね。
その時に自分自身が柔らかい気分だとその作品って作れないんです。
でも締め切りが近いからなんとかその尖った作品を作らなきゃいけないっていう時は、無理矢理結構強めな音楽を流したりします。音楽で入り込ませる感じですね。

レペゼン:
改めて面白いですね。
その時の感覚にもよると思うんですが、作業中にかけるのはどんな曲がありますか?

古川司裕:
やっぱり最近だとさっき言ったKaine dot Coの「Circulate」か、USだとXXXTENTACIONですね。XXXTENTACIONだと「MOONLIGHT」とか好きですね。ダウナー系の作品を作りたい時によく流してます。

レペゼン:
ありがとうございます。
では書道中に聴く曲はKaine dot Coの「Circulate feat. 釈迦坊主, Dogwoods (Prod. DJ UPPERCUT)」とXXXTENTACIONの「MOONLIGHT」ということで。

古川司裕:
どちらもカッコいいのでぜひ聞いてみてください。

古川司裕さんが書道中に聴く曲は Kaine dot Co「Circulate feat. 釈迦坊主, Dogwoods (Prod. DJ UPPERCUT)」とXXXTENTACION「MOONLIGHT」。 9月13日UP予定の第2回ではチルする時のヒップホップ曲を聴いていきます。お楽しみに!

プロフィール

  • 古川司裕(ふるかわ・しゆう)

    古川司裕(ふるかわ・しゆう)

    8歳から書道を始め、21歳で毛筆・硬筆師範を取得。 比田井南谷に影響を受け、書や絵画の枠にとらわれない美的表現を追及。 【書は線による表現】という信念の書風で、言語を通さないモノの捉え方を研究している。 墨の濃淡で人型をとる-JINTAKU-や、体の動きを利用して書く-動書-を発表し、書の可能性を追求。 また商品ロゴや題字制作、各企業とのコラボなど、活動は多岐に渡る。 2019年以降国内外出展にも精力的に参加。