Interview

2021.6.14 Mon

TAG : 

仕事について/BMXライダー勅使川原大地インタビュー④

オールスター感謝祭からユニバーサルスタジオまで

FacebookTwitterLine

photo by hikarufunyu

レペゼン:
プロBMXライダーとして、日頃のお仕事とはどういった事をされているんでしょうか?

READ ALL

勅使川原大地:
今はユニバーサルスタジオでのショーをメインに活動させてもらっています。その他にもパフォーマーであったり他にはスタントの出演やモデルなど幅広くやってます。仕事も「これだけ!」とかを決めずに、フリースタイルでやれる事をもっと広げていきたいと思ってます。

レペゼン:
なるほど!

勅使川原大地:
BMXを使って表現出来るのであれば、どういった形でもやりたいですね。

レペゼン:
依頼があれば基本的に断らずに挑戦しているんですね!スタントってのは映画とか映像系の仕事ですよね?

勅使川原大地:
そうですね。

レペゼン:
実はこれに出てたみたいなのは何かありますか?

勅使川原大地:
ドラマのワンシーンとかでドリフトの後ろ姿だけ映るみたいなのが多いです。今のところ有名作品への出演は僕はまだありませんね。あ、でも昔、あとは島田紳助さんの番組に出させてもらった事はあります。

レペゼン:
おお!まさか!

勅使川原大地:
『オールスター感謝祭』ってあるじゃないですか?昔あれに出させてもらった事があります。

レペゼン:
もしかして人を寝かせて並べて、その上をBMXで跳ぶやつですか?

勅使川原大地:
そうです。笑

レペゼン:
それ見てたかもしれません!なんとなく覚えてます。

勅使川原大地:
結構小さい頃でしたけど。

レペゼン:
すごいですね!そういうテレビでのパフォーマンスも話がくればやってるって事ですね。モデルの仕事というのはBMX関連のモデルですか?

勅使川原大地:
BMX関連でファッション雑誌とかの仕事ですね。そんなに大きくは出ないですけど。

レペゼン:
ライダーの着こなしみたいな感じとかですか?

勅使川原大地:
そうですね。

レペゼン:
なるほど!ちょっとやらしい話かもなんですが…大会も勝つと賞金が出る訳じゃないですか?そうなるとそれも仕事だと思うんですが、大会は今でも出場しているんですか?

勅使川原大地:
大会も出てます。ただ前みたいに勝ちに行く事にこだわるというよりは、バックトゥベーシックで”楽しむ事”をメインにやってます。

レペゼン:
大会の賞金ってどれくらい出るんですか?

勅使川原大地:
ここ最近で一番大きかった世界大会が、愛知国際展示場であった大会なんですけど、その時の優勝賞金は1000万円でした。

レペゼン:
1000万円!すごい世界ですね。

勅使川原大地:
オーストラリアのライダーが勝ったんですけど、世界中からライダーが集まってすごい戦いでした。

レペゼン:
そういう賞金があるとテンション上がりますね。

勅使川原大地:
そうですね。頑張ろうってなります。

レペゼン:
勅使川原さんが今までで獲得した賞金で一番高かった時でいくらぐらいでしたか?

勅使川原大地:
そんなに大きい大会で優勝出来てないので50万円ぐらいですかね。賞金が高いコンテストも頻繁には開催されないですし、優勝賞金5万円とかって大会が多いイメージです。

レペゼン:
そうなんですね。
普段はユニバーサルスタジオでのパフォーマンスがメインだと思うんですけど、どういう事を心がけてて仕事をしていますか?

勅使川原大地:
観にきているお客さんよりも誰よりも、自分自身が一番楽しむって事を心がけています。

レペゼン:
そうする事で良いパフォーマンスが出来て、結果お客さんも楽しんでくれるって事ですね。

勅使川原大地:
そうですね。やっぱり自分が楽しんでないとお客さんにも伝わらないと思うので。

レペゼン:
観てるお客さんも老若男女いる訳ですよね?

勅使川原大地:

年齢層もジャンルも関係なく色んな方が観に来てくれますね。子供とかは情報量が多すぎてパニックみたいになってますね。笑
ポカーンってしてます。笑

 

…続く。

 

勅使川原大地 Instagram:_tessy_d.co
SAMURIDE公式サイト:https://www.matsuicyclenagoya.com/samuride
SAMURIDE BMX CLUB Instgram : samuridebmx

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG