武術太極拳 三船陸(みふね・りく)が勝負前に聴くヒップホップ|あの人の勝負曲 Vol.5

日本の武術太極拳界を牽引する三船陸が試合前に聴くのはあのビートメイカー!?

ライター:TARO

ヒップホップ好きのスポーツ選手や文化人のお気に入りの曲を毎月紹介していく「あの人の勝負曲」。今月は武術太極拳選手、三船陸さんをゲストにお迎えし、武術太極拳のお話や、試合直前に聴く曲、初めてヒップホップに触れた曲などについて聞いていきます。第1回目の今回は、武術太極拳とはどういうものか?そして「試合直前に聴く曲」について話して頂きました。

武術太極拳とは?

レペゼン:
自己紹介をお願いします。

三船陸:
武術太極拳選手の三船陸です。
父親が武術太極拳のチームのコーチをしてて、その影響で太極拳を始めました。現在はバリュエンスホールディングスという会社で、デュアルキャリアアスリートとして営業の仕事をしながら、競技を続けてます。

レペゼン:
ありがとうございます。
今日はまず武術太極拳について色々教えていただきたいなと思います。
まず、先日三船さんの動画を拝見しまして、これはすごいなと。
ブレイクダンスに近いなと思いました。

三船陸:
ありがとうございます。
音楽は使用してないんですけど、パフォーマンスの要素としては同じようなところがあるのかなって思います。

レペゼン:
演舞からもヒップホップを感じました。

三船陸:
ありがとうございます笑

レペゼン:
武術太極拳とはどういうものなんですか?

三船陸:
まず武術太極拳には太極拳と南拳と長拳の3種目があります。
どれも武術の名前で、武術のルーツに沿った動きをしています。
ルールとしては、本当にフィギュアスケートと同じような採点競技ですね。
10点満点で採点されるんですけど、採点の内訳は5点分が減点項目で、残りの5点分が加点項目です。
加点項目は2点分が跳躍の難易度、3点分が演武のクオリティーっていうところです。
で、それらを合計して10点満点で競い合います。

レペゼン:
元々実戦的に戦うように作られたものなんですか?

三船陸:
そうですね。それが派生して競技スポーツ化したものです。
ただ実際に武術太極拳での動きが実戦で使えるかというと、難しいと思います。
本当にパフォーマンスに全フリした武術競技ですね。

レペゼン:
カポエラの感覚に近いですか?

三船陸:
そうですね。ただカポエラは恐らく実戦で戦うことも多少はあるのかなと。
それよりももっと振り切ってますね。

レペゼン:
競技の世界大会とかワールドカップみたいなものもあるんですか?

三船陸:
オリンピックのアジア競技会っていうのがあるんですけど、それが最も大きな大会ですね。
2026年には名古屋でアジア大会が開催されるので、僕の目標はそこでメダルを取ることです。

レペゼン:
応援しております!

試合前のネガティブな気分をビートで溶かす

レペゼン:
では、そろそろ好きなヒップホップの楽曲についてお伺いしていきます。
まず試合直前に聴く曲はなんですか?

三船陸:
tofubeatsさんの「SOMEBODY TORE MY P」です。
本番直前の15分前くらいにその曲を聴いて試合に出るのが私のルーティーンですね。

レペゼン:
なぜtofubeatsさんの「SOMEBODY TORE MY P」を聞くんですか?

三船陸:
本番直前に聴く曲はリリックがない方が良いんですよ。
ビートを頭の中に流し込んで、曲を聴き終わってもビートが少し頭の中でリフレインされているような状態を作るようにしています。それをすると結構緊張だったり、雑念が飛んで、透明な気持ちで試合に入れるんです。そういう意味でも試合前の私の気持ちと相性が良くて。ルーティーンで使ってるので、1シーズンで何回も聴いてますね。

レペゼン:
その曲を聴いて挑んだ試合の思い出とかってありますか?

三船陸:
それこそ今年の夏の全日本武術太極拳選手権でその曲を聞いて出たんですけど、メンタル的に非常に良い状態で入れました。
変にテンションが上がりすぎず、緊張も程よくあって頭の中がクリアになってるっていう。
本当に今に集中して、肝が据わった状態で入れましたね。

レペゼン:
面白いですね。
リリックがあると、ちょっとテンション上がり過ぎちゃったりもする?

三船陸:
そうですね。そういう時もあります。
なのでインスト、トラックのみの方がよかったりしますね。
「SOMEBODY TORE MY P」は、静かな立ち上がりから次第にビートが増えていく感じなんですけど、本番前の「失敗したらどうしよう」っていうネガティブな気分をビートで溶かしてくれますね。

レペゼン:
良い表現ですね。パンチラインです。
試合に入る直前まで聴いてるんですか?

三船陸:
そうですね。サブアリーナで練習終えて、4人セットで呼ばれるんですよ。
そこで待っている間にイヤフォンで聴いてます。

レペゼン:
tofubeatsさんは普段から聞くんですか?

三船陸:
tofubeatsさんは、私がヒップホップを聴き始めて最初の方に聴いてたアーティストなんですよ。tofubeatsさんってヒップホップにとらわれずに色んな曲出してますけど、その中でも特にビートの持っていき方が好きなのが「SOMEBODY TORE MY P」ですね。

レペゼン:
ありがとうございます。
では試合直前に聴く曲はtofubeatsさんの「SOMEBODY TORE MY P」ということで。

三船陸:
これはもうヒップホップ好きかどうかに関わらず、皆さんにオススメできる曲かなって思いますので、ぜひ聴いてみてください。

三船さんが試合前に聴く曲は tofubeats「SOMEBODY TORE MY P」。 8月9日UP予定の第2回では初めてヒップホップに触れた曲を聴いていきます。お楽しみに!

プロフィール

  • 三船陸(みふね・りく)

    三船陸(みふね・りく)

    武術太極拳選手。福岡県出身。父親が運営・コーチを行っているチーム「青藍拳社」にて幼少期から武術太極拳に触れ、高校生から選手として本格的にトレーニングを開始。現在は東京へ活動拠点を移し、バリュエンスホールディングス株式会社へ就職。同社の新卒デュアルキャリアアスリートとして活動中。

タグ一覧