Interview

2021.5.6 Thu

TAG : 

人生を振り返る:バスケとの出会い、アメリカへ/プロモーター:SHINインタビュー②

アメリカに渡ることになった衝撃の理由とは…

FacebookTwitterLine

レペゼン:
ここからはSHINさんご自身の人生を振り返って頂きたいと思います!

SHIN:
元々は小3まではサッカーをやってたんですよ。

レペゼン:
バスケの話ばっかり出てきたので、それはかなり意外ですね!READ ALL

SHIN:
やってたって言ってもみんなでグラウンドでやってた遊びですよ。ちょうど三浦カズとかラモスの時代だったので、見ててカッコいいなって思って。

レペゼン:
Jリーグ発足の頃はすごかったですよね!

SHIN:
そうこうしている時に小学校のグラウンドに移動式のバスケゴールが来たんですよ。それで体育の授業でバスケを土の上でやらされて、何を思ったかハマったんですよね。サッカーよりこっちの方が面白いわって。

レペゼン:
なるほど!

SHIN:
みんなはサッカーやってるのに、俺だけバスケやってましたね。ルールも知らなかったし、一人でやってたから単なる玉入れ。笑

レペゼン:
そうですね。笑

SHIN:
その頃に小学校にミニバス部が出来て、サッカーよりこっちだって感じで始めました。

レペゼン:
その頃のポジションとかはあったんですか?

SHIN:
ポジションなんて何もなければルールもまだ分かってないし、とにかくボールをゴールに入れたいの一心。笑

レペゼン:
そこから本格的にバスケをやりだしたって感じですか?

SHIN:
その頃はNBAも何も知らず、ただ単に面白いってだけで遊びですね。家にサッカーボールはあったから、それでドリブルとかしてましたね。蹴るんじゃなくて。笑

レペゼン:
なるほど。笑

SHIN:
ゴールもないから電柱目掛けてシュートして、ここに当てたら何点みたいな事もしてましたね。

レペゼン:
その頃周りの友達はサッカーばっかでしたか?

SHIN:
全員サッカーやってました。お前何してんの?みたいな。笑

レペゼン:
一人だけバスケしてたらそうなりますよね。笑

SHIN:
ただ、いとこのお兄ちゃんがバスケ部だったんですよ。それで親戚の集まりの時とかに、バスケの事を色々聞いて初めてバッシュの存在を知りました。それで近所に『STEP』って靴屋さんがあったんで、親にバッシュが欲しいってお願いして買いに行ったんですよ。これが小5、6ぐらいの時かな。

レペゼン:
ここでバッシュが出てくる訳ですね!

SHIN:
その『STEP』のバスケコーナーで流れてた映像がNBAだったんですよ。それを見て子供ながらにこの人らカッコいいってなって、店員と話してNBAやマイケル・ジョーダンとか知りましたね。

レペゼン:
なるほど!

SHIN:
今でも覚えてるのが、バスケやってたら誰でもダンク出来るようになると思ってたな。笑

レペゼン:
大人になればみんな出来るようになるって考えてたんですね。笑

SHIN:
それでもっとNBAを観たいと思って、ビデオを買ってもらったんだと思います。スーパープレイ集みたいな感じのを。

レペゼン:
そういうの昔はよくありましたね!

SHIN:
あと、その頃BS放送で朝方にシカゴブルズの決勝戦とかだけやってたんすよ。それを小学校行く前に観てて、親に早く学校行けって怒られても最後まで観てから遅刻して登校してましたね。

レペゼン:
それはどっぷりハマってますね。

SHIN:
そのビデオとBSで流れてる音楽で初めて洋楽に触れ合ったんですよ。もちろんヒップホップなんて知らなかったから、単にバスケの曲やみたいな感じでしたけど。

レペゼン:
なるほど。バスケを通してヒップホップとも出会ってるんですね。
それから中学でもバスケに没頭して、高校からアメリカですか?

SHIN:
アメリカにバスケしに行くって気狂ったような事言い出して。笑
今思えば親も手がつけれなかったんだと思うんですけど、やりたいならアメリカでやってこいって。英語なんかも全く分からないし、興味もなかったですからね。

レペゼン:
じゃあ本当にアメリカ行きの動機はバスケだけなんですね。

SHIN:
そうですね。ユタ州の全寮制の学校に入学して、アホ過ぎて英語の事なんか考えてなかったし、右も左も分からない状態。ただ行ってバスケやるだけでしたね。笑

レペゼン:
もう本当にバスケ以外の事は考えてなかったんですね!笑

SHIN:
その頃の夢がNBAに入る事で、アメリカ行ったらNBA入れるって思ってた単純な脳みそだったからね。笑

レペゼン:
良いっすねー。笑
でもその感じでアメリカ行っちゃうって勢いがすごいですよね。

SHIN:
今考えたら行ける環境を作ってくれた親に感謝ですよね。行きたくても行けない人もたくさんいますからね。

…続く。

SHIN Instagram:shinsuke84
WARP SHINJUKU Instgram : warp_shinjuku

Interview by : bullmatic

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG