Interview

2018.5.9 Wed

TAG : 

レペゼンインタビュー: ABE HONOKA

DJ、ダンサー、インフルエンサー…ストリートで様々な顔をもつ彼女の生体とは。

FacebookTwitterLine

どんなストリートにも輝く女性がいる。その人がいるだけで、時に場を和らげたり、引き締めたりする。
渋谷のクラブシーンにもそんな女性が一人。
DJ ABE HONOKAはその小さな体からは造像できないほどのパワフルでポジティブな渋谷のクラブシーンのアイコニックだ。
インタビューをした我々レペゼン編集部も彼女と話すとその魅力に引き込まれた。
そんなABE HONOKAのDJとしての顔、ダンサーとしての顔、ファッショニスタインフルエンサーとしての顔、
そして普段は語らないストリートへの思いに迫る。

 

レペゼン:
まずは自身のプロフィールを教えてください。

DJ ABE HONOKA:
DJ ABE HONOKAです。レペゼンは東京都渋谷出身で、今は渋谷に住んでます。
血液型はO型、身長は155cmで、足のサイズは23.5cm、利き手は右手です。
好きな食べ物はお寿司、ラーメン、肉、たらこスパゲティ…とか、いっぱいです。笑
嫌いな食べ物はセロリです。

レペゼン:
どんな仕事をしていますか?

DJ ABE HONOKA:
DJをやっています。あと、ダンスの仕事です。教えたり、振付作ったり。BAPE STOREでも働いています。

レペゼン:
ではまずDJについて。そんな経緯でDJを始めましたか?

DJ ABE HONOKA:
もとはダンサーだったので、よく渋谷のクラブで踊っていました。
やっぱりストリートカルチャーとかクラブシーンが好きだったので、プライベートでもクラブに通ってたんですけど、あるときに知り合いからDJやってみたら?と言われて、やってみるかと思ってDJを始めました!

レペゼン:
そんな感じで始めたんですね!DJを初めてみてどうでしたか?

DJ ABE HONOKA:
始めてやったときはほんとに緊張しましたね!
ダンスだったら流せるけど、DJだとここで繋がなきゃいけないっていうポイントは一瞬だから、逃しちゃったりするとちょーテンパって…
ほんとに初めは緊張しました。今は昔よりは慣れましたけど、でも初めて行くクラブで回すときは今だに緊張しますね。

レペゼン:
なるほど。では、ダンスはどういった経緯で始めたんですか?

DJ ABE HONOKA:
中学生の時に、友達の妹がダンス習ってて、その発表会を見に行ったときに、そこで踊ってる先生たちがちょーカッコよくて、そっからダンスかっこいい!ってなって始めたのがあります。

私の世代だとだいたい、安室ちゃんとかスピードに憧れてダンスを始めるっていう人が多いんですけど、私は全然そういうのがなくて…

レペゼン:
小さい頃はどんな子供でしたか?

DJ ABE HONOKA:
静かな子供でした。「ほのかちゃん」っていう感じの笑
ほんわかした感じの子でした。

レペゼン:
おてんばなイメージだったんですけど笑

DJ ABE HONOKA:
中学校が女子校で、そっからおてんばになりましたね笑
あと、ちょうどダンスをやり始めた時だったので、頑張ってオープンにならなきゃってのもあって、今の感じになってきました!

レペゼン:
ダンスやDJで影響を受けた人はいますか?

DJ ABE HONOKA:
ダンスでは、師匠っていう意味で、MASAOさんですね。ちょーかっこよかったです。

DJとしては、韓国のDJ SODAとか結構好きです!キャラが立ってるし、スニーカーもオシャレだし、ファッションアイテムも抑えてるし。

そして、もちろん現場でDJしてる人もリスペクトしてます!
出身が一緒のDJ HAZIMEさんをはじめ、DJ SAFARIさん、DJ WATARAIさんはとにかくカッコよくて、憧れてますし、とにかく尊敬してます!!
というか、DJしてる人はみんなリスペクトです!!

クラブに遊びに行くだけの頃や、ダンサーとしてクラブに出入りする頃と違って、DJを始めてからはDJさんに前よりももっと注目するようになってて、前とは少し違った感覚でクラブに行くようになりました!!

 

レペゼン:
DJ ABE HONOKAさんといえばファッショニスタ、インフルエンサーというイメージも強いですが、ファッション業界での経歴も教えていただけますか?

DJ ABE HONOKA:
一番初めはgalaxxxyで働いてました。その時代はギャル全盛期で、EGGとかで流行ってた渡辺かおるちゃんとかとすごかったです!神でした!
そのあとは、一瞬Forever21で働いて、そのあとに109GYDAで働きました。
そのあと、PKCZ Gallery Storeで、今BAPE STOREですね。そう考えるとずっとアパレルにいますね!!接客好きだし、向いてるとは思ってます。

レペゼン:
アパレル業界で影響受けた人はいますか?

DJ ABE HONOKA:
渡辺かおるちゃんとかは当時すごくて、ほんと神!って感じでした。
串戸ユリアちゃんとかもスタイルめちゃ良くて神!でしたー!
アイコ先生とかにも恩があります。
皆さんのおかげで、ファッション業界に知り合いが増えて、どんどん楽しくなっていきました。

レペゼン:
では、今のDJ ABE HONOKAさんのファッションのこだわりは何かありますか?

DJ ABE HONOKA:
ストリートっぽいダボダボも好きだけど、ちょっとだけ女の子っぽい要素を入れることですね。
スカート履くとか。サイズ大きめで着るけど、ワンピースにするとか、あんまり男の子っぽくならないようにしてます。甘辛的な!

レペゼン:
なるほどー。フォロワーの子たちが参考にすると思いますよ!
そんなDJ ABE HONOKAさんの好きなブランドはなんですか?

DJ ABE HONOKA:
NIKEナイキ)、Supremeシュプリーム)、adidasアディダス)、APEエイプ)とか全般的に好きです!
あとは古着も着ます!

レペゼン:
ちなみにファッション関連で常にチェックしているものはありますか?

DJ ABE HONOKA:
HYPEBAEを結構見てます!
最近は女の子もファッションの幅が広がって、ストリートの要素を取り入れやすくなったなって思います。
スニーカー履いてるけど、ワンピースでいいよとか、一個ストリートっぽいアイテム持ってとか。

 

レペゼン:
では、そのストリートについて。
DJ ABE HONOKAさんにとって、「ストリートの定義」とはなんですか?

DJ ABE HONOKA:
スニーカーかな!ストリートにいるからには、やっぱりかっこいいのを抑えておきたい!
流行りすぎてみんな履いてるってなっても嫌ですけど。
逆にヒールは一個も持ってないんです。結婚式の時とか困る。笑

レペゼン:
今のストリートシーンをどう思いますか?

DJ ABE HONOKA:
今は「フリースタイルダンジョン」とかの影響で昔よりも、ストリートカルチャー自体が社会に受け入れられるようになって来ている気がします。
スケボーサーフィンオリンピック競技になったり、昔より表に出て来てる感じがします。
それこそ、ファッションでも、昔は、男の子が着るものだったのが、最近では女の子も着れるし、そういう意味でも世間に受け入れられてる感じはしますね。

でもまだまだ一部の人しか受け入れてないとも思います。
テレビにストリートっていう感じの人が出てくるのはほんの一部だし。例えばタトゥーはテレビで映らないし。
もう少しオープンになって、テレビでタトゥー入ってるBAD HOPとかがどんどん出てくるといいなって思います。
お茶の間がアメリカっぽい文化をもっと受け入れるようになるといいなーって。

あとは、日本人はシャイだから、音楽流れてきたら踊っちゃう!みたいな。そこもアメリカっぽい雰囲気になるといいですよね。

きっとクラブカルチャー好きな人ってみんなその思いでやってると思うから、もっとこういう文化が広まったら嬉しいです!

レペゼン:
アツいですね。我々レペゼンも同じ思いです!!
DJとしては、現場はどんな感じですか?

DJ ABE HONOKA:
最近は同い年の子が頑張ってて、嬉しいですね!
DJ FUJIくん、DJ RINADJ CHARIDJ SHINTARO、DJ REVOLVERとかが同い年なんですけど、同い年だとなんか嬉しい!

レペゼン:
DJとしての今後の展望を教えてください?

DJ ABE HONOKA:
最近、地方のブッキングがよくあるんですけど、もっと地方のクラブにいきたいですね。いろんな地方にもっと行って、地方の美味しいもの食べたいですね!!この前は名古屋大阪にDJしに行って、5月は富山新潟に、DABOさん、KOMACHIさん、WATARAIさんと行くのと、7月にはヤクブーツはやめろSHOと福井にいきます。

なので地方のブッキングをお待ちしています!笑
もちろん都内でも!笑
あとは夏ぐらいにMIX CDをもう一枚出したいです!

それと、DJとは関係ないかもですけど、Tシャツ作って売り出したりとかもしてみたいですね!

 

レペゼン:
どこのクラブによく行きますか?

DJ ABE HONOKA:
渋谷だと、HARLEMハーレム)、VUENOSブエノス)、VISIONビジョン)、六本木だと最近は1 OAKワン・オーク)に行ってますね。
六本木も1 OAK(ワン・オーク)以外でももうちょっとヒップホップがかかるようになると嬉しいですね。どっちかというとEDM系が多い気がするので。

レペゼン:
注目しているラッパーはいますか?

DJ ABE HONOKA:
Normcore Boyzかっこいいです!
SUSHI BOYSとか、唾奇(ツバキ)、「英語わかりません」のMIYACHI(ミヤチ)も好き!

あと、バトルだとスナフキンくん、SAMくん、9 forくん、IDくんとか!結構好きな人多いです!笑
みんな、言い回しがちょーかっこいい!あと、TKda黒ぶちもかっこいいです!あとは今のバトルの流れを作ってる、MC正社員さんもリスペクトです!

レペゼン:
では次にダンスについて。今振り付けを担当しているのはどんな人ですか?

DJ ABE HONOKA:
私立恵比寿中学とかのアイドルの振り付けをアシスタントしてます。転校少女歌劇団も手伝ってます。

レペゼン:
DJの業界だと、どちらかというと男性が多い男社会だと思いますが、女性としてどう感じていますか?

DJ ABE HONOKA:
あんまり、なんとも思ってないかも。そもそも、性格も男っぽいし!笑
そんなに気にしてないですね。お酒も弱くないし、女だから嫌なことはない。
逆にたくさんDJがいる中で女だから埋もれない部分もあるし、女でよかったなと思いますね。

レペゼン:
なるほど。かっこいい。インタビューもあと少しになってきました。
そんなDJやダンサーとして大活躍のDJ ABE HONOKAさんのフォロワーの皆さんはDJ ABE HONOKAさんに憧れている人も大勢いると思いますが、そんな皆さんに向けて一言いただけますか?

DJ ABE HONOKA:
えーそんな風に思われてるのかな!そうやって思われてたらちょー嬉しいですね!
まさか、昔は憧れられる側になるなんて思ってなかったし!

一言かあ…でも、好きなことは続けた方がいいと思います!
なんでもかんでも断らないで、なんでもやって見て、やり続ければ結果はついてくるし。
それもあって、今ダンス、DJ、インフルエンサーとして仕事ができていて嬉しいです!

レペゼン:
では最後に、座右の銘はなんですか?

DJ ABE HONOKA:
好きなことやって、楽しむのが一番!です!

レペゼン:
ほんとにポジティブ!つらいことはないんですか?笑

DJ ABE HONOKA:
うーん、あんまりないですね。ストレス感じないっていうか。笑
もちろんダンスやDJをしてて悔しい思いをすることはあるけど、そんときはめっちゃ練習して克服します!
でもつらいなーみたいなことはあんまりないかも。

レペゼン:
なるほど。やっぱりポジティブ!笑
インタビューはこれで終了です。ありがとうございました!

 

Interview by Shinya

終始ポジティブなトーク。ここに裏も表もないことは、インタビューする我々が一番感じることができた。
ありのままのDJ ABE HONOKA。今のストリートを盛り上げるのもこんな人だし、今後ストリートを広めて行くにもこんな人が必要。そう確信した。
その根底にあるのはストリートへの「愛」。”好きこそ物の上手なれ”を体現しているDJ ABE HONOKAの今後の活躍もマストチェックだ。

 

DJ ABE HONOKA
Instagram : abe_honoka

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG