Interview

2019.5.13 Mon

TAG : 

レペゼンインタビュー:Tajyusaim Boyz 借金以上にバイブスが分厚い男たちのヒップホップ

多重債務は苦しいものじゃない。借金もヒップホップシーンの波も勢いで乗りこなす。

FacebookTwitterLine

ベールに包まれているのか、いないのか、謎が多いのか、明快なのか、この感覚がクセになるヒップホップクルーTajyusaim Boyz(多重債務ボーイズ/タジュウサイム・ボーイズ)。前編では彼らの人生と、人間性、そして”借金の作り方”について聞いた。決して借金苦しいものではなく、むしろ借金を通してクルーを組むことができたという明るさは彼らの今後の活躍を暗示している気がした。後編は、彼らの音楽がどのようにして作られ、どのような思いでヒップホップに向き合っているかを聞いた。見逃すことなかれ。

前編を読む→

READ ALL

音楽について

レペゼン:
後編のはじめはみなさんの音楽について聞いて行きたいと思います!
まずはそれぞの好きなアーティストについて教えてください。

LB-RUG:
自分はSEEDA(シーダ)さん、TERIYAKI BOYZ(テリヤキ・ボーイズ)ですね。あとは海外だったらA$AP Ferg(エイサップ・ファーグ)とかニューヨークのラッパーが多いですかね。

レペゼン:
いいですねー!!好きな楽曲と今日聴いてきた楽曲は何ですか?

LB-RUG:
この曲で人生変わったみたいな曲は、SEEDAさんの『HELL’S KITCHEN』です。今日は自分たちの曲なんですけど、スリルドライブ聞いてきました。笑

PIZZA LOVE:
リーダーしっかりしてんなー笑

LB-RUG:
聞いて来ちゃいましたね。笑

レペゼン:
では次はM.A.Gくん、お願いします。

M.A.G:
好きなアーティストはYG(ワイジー)とかKid Ink(キッド・インク)、Tyga(タイガ)とか、そこらへんっすね。好きな楽曲はYGの『BPT』がめちゃくちゃ好きです。あとAD(エーディー)の『Be Ok』ってのも好きです。今日聴いてきたのは…これもまた自分らの曲なんですけど『TWICE』です。笑

PIZZA LOVE:
めっちゃしっかりしてんなー。笑

M.A.G:
自分らの曲ですけど、この曲凄いなと思いながら聴いてました。笑
「君の家のキムチが食べたい」っていうリリックヤバいなって思って。笑

レペゼン:
いや、その歌詞すごいっすよ。笑
普通っぽく歌ってるけど。笑

Young SEX:
自分たちで何んども歌ってると麻痺してくるんすけど、改めて聞くと、普通じゃないっすよね。笑

レペゼン:
なかなかのパンチラインです!では次はYoung SEXくん、教えてください。

Young SEX:
好きなアーティストはYoung Thug(ヤング・サグ)と、あとは彼のレーベルのアーティストはほとんど好きです。Gunna(ガンナ)とかLil Baby(リル・ベイビー)とか。あとはKOHH(コー)くんですかね。もう神様ですね。カッケーす。

レペゼン:
地元一緒ですもんね!好きな楽曲は?

Young SEX:
Young Thugの『Beautiful Thugger Girls』ってアルバムに入ってる『She Wanna Party』と、ちょっと前のですけど、Young ThugとTravis ScottとQuavoの『Pick Up the Phone』は超好きですね。

レペゼン:
今日聴いてきた曲は何ですか?

Young SEX:
本当に狙ってるわけじゃないですけど、リリースしたEPの中の『季節』って曲があってそれ聞いてました。みんなのパートも好きだけど、俺のとこめっちゃエロいなって思ってそこに浸りまくってました。笑

PIZZA LOVE:
うわーしっかりしてんなー。笑

LB-RUG:
自分たち大好きじゃん、俺ら。笑

レペゼン:
PIZZA LOVEくんは誰が好きなんですか?

PIZZA LOVE:
Lil Pump(リル・ポンプ)!!!!

レペゼン:
叫んだ!笑
その中でも好きな楽曲は?

PIZZA LOVE:
難しいなぁ、Lil Pump結構どれも好きだし、リミックスしてる曲ももちろん好きだし。好きな曲は結構週替わりかもしれないです。

レペゼン:
じゃあ今週の一押しはなんですか?笑

PIZZA LOVE:
今週の一押しは、出たばっかなんですけど『Butterfly Doors(バタフライ・ドアーズ)』ですかね。あとこの流れで申し訳ないですけど、今日はきゃりーちゃん(きゃりーぱみゅぱみゅ)の『つけまつける』を聞いて来ました。

レペゼン:
さすがです!笑

PIZZA LOVE:
本当に最近ずっときゃりーばっか聞いてんですよ。笑
ハッピーになれる!

Young SEX:
確かに、あれ聞いてて誰も傷つかないっすよね。笑

レペゼン:
確かに!!笑
Tajyusaim Boyzの曲はどんんな感じで作ってるんですか?

LB-RUG:
基本的には、Slenderman(スレンダーマン)さんとK-FORCE(ケー・フォース)くんの2人にトラック作ってもらって、それ聞いて各々ある程度考えてきて、みんなで集まって作るって感じですね。

レペゼン:
リリックを書く時は4人一緒にやってるんですか?

Young SEX:
そうっすね。集まって、毎回フック(サビ)を先に考えて。フックが出来てそのあとパートって感じです。

レペゼン:
そう言う感じなんですね!すごく想像ができました!各パートも集まった状態で書くんですか?

Young SEX:
同じ家にいるのにお互いバラバラでイヤフォンをしてやったり。まあ、その時出てこなかったら家に持ち帰ってやったりですね。でも誰かが隣にいて書くのって結構苦手です。俺はよく、家の近くの駐車場でずっと書いてます。

M.A.G:
俺もそうっすね。家にいても、トイレにこもって書いてます。狭い空間の方が集中できるんで。そこでタバコ吸いながら、酒かコーヒー飲んで考えてますね。

LB-RUG:
俺は、逆にリリック書く時は酒飲まないけどね。

M.A.G:
いや、なんかトラックに対するフローの確認の時に、程よく酔った状態の方がノルっていうか。適当にフローだけ構成して、そのフローに言葉をはめていくって感じですよ。

レペゼン:
へー面白いですね!

LB-RUG:
「フロー職人M.A.G」ですね。

レペゼン:
トラックは必ずSlendermanさんとK-FORCEさんからの提供なんですか?他の人から「作りたい!」っていう打診もありそうですよね?

Young SEX:
たまにありますね。
でも、基本はSlendermanさんとK-FORCEくんですね。仲もいいし、お互い色々言いやすいし。ほぼ友達感覚に近いですね。

LB-RUG:
いつもくだらない事で爆笑してたら曲になってるみたいな。笑

レペゼン:
そういう関係で曲作れるなんて楽しそうですね!
今後コラボしてみたいアーティストはいますか?

LB-RUG:
ソロなら僕はSEEDAさんと出来たら、それはもう感激です。

M.A.G:
俺はYOUNG DALU(ヤング・ダル/Normcore Boyz)ですね。本人をどうやって誘えばいいかわかんないんですけど笑

レペゼン:
おー!ありそうですね!え!普通に誘えばいいんじゃないんですか!!??笑
Young SEXくんはどうですか?

Young SEX:
僕はもう日本人だとKOHH(コー)くんですね。ヒップホップ始めたからには一緒にやりたいってのが夢ですね。

レペゼン:
できたら最高ですよねー!!PIZZA LOVEくんは?

PIZZA LOVE:
Lil Pumpかきゃりーちゃん。笑
きゃりーちゃんはコラボやれるのか分かんないですけど。笑

LB-RUG:
Lil Pumpはできるみたいな言い方じゃん!笑
確かに、きゃりーぱみゅぱみゅの方がコラボが想像出来るけどね。

レペゼン:
確かに!言い続けてたら実現しそうですね!

PIZZA LOVE:
やりたいー!!!

Tajyusaim Boyz(多重債務ボーイズ)という名前

レペゼン:
ちなみにTajyusaim Boyzって名前はどうやって決まったんですか?

LB-RUG:
このメンバーで曲出したいねってなって、名前をどうするってなったら、Slendermanさんが「お前らの共通点って借金じゃん」って事で、Tajyusaim Boyzで良いんじゃないって感じで決まりました。

レペゼン:
それもSlendermanさんがつけたんですね!彼にあったことで、色々流れが変わったんですね!

Young SEX:
ラップ始めたばかりの音源は絶対に出したくないですけど、その時と比べたら楽曲のレベルもめちゃくちゃ変わってると思います。

レペゼン:
すごい!!

Young SEX:
音楽の基礎をちゃんと教えてくれるんで、ヒップホップをちゃんと譜面的に考えられるようになりましたね。

レペゼン:
そう言う事をちゃんと教えてくれる人がいるって良いですよね!!
仮に、全ての借金を返してもTajyusaim Boyzは続けますか?

LB-RUG:
多分また借りるっすね。笑

PIZZA LOVE:
絶対そうだね。笑

LB-RUG:
今でも、若干返してもまた違う人から借りたり、他の人から借りて返したり、とかの繰り返しなので、今ある額を返してもまたどうせ新たな借金を作ると思いますね。笑

レペゼン:
例えばヒップホップドリームが叶って、ラップでドーンと稼いでもTajyusaim BoyzはTajyusaim Boyzとしてやるんですか?

LB-RUG:
いや、一度名前は変えるかもしれないですけど。笑
そこも楽しみたいです。

レペゼン:
「完済Boyz」みたいな?笑

Young SEX:
ロマンティックはつけたいっすね。

LB-RUG:
そうですね。「ロマンティック完済Boyz」で。笑

Young SEX:
そうしたら俺も「ロマンティックSEX Master」に名前変えるっすね。

LB-RUG:
スターウォーズ感強めだな。笑
SEXの夢はマーベルヒーローだもんな。

Young SEX:
最初本当そうだったんですよ。本気でなれると思ってて。ずっとトレーニングしてたんですけど、なれなかったですね。笑

PIZZA LOVE:
最強の中二病だね。笑

「ラップをする理由」、「ストリートで叶えたい夢」

レペゼン:
では次は、「ラップをする理由」と「ストリートで叶えたい夢」を教えてください。

LB-RUG:
自分は震災で般若さんの『何も出来ねえけど』聞いて喰らったとか、SEEDAさんの『HELL’S KITCHEN』もそうなんですけど。ヒップホップ以外の歌で社会風刺とか、どストーレートに言葉で表現するってあまりないけど、ラップだと何でも言えると言うか、真実を教えてもらったって感じなので、最終的にはそういうことを歌い続けたいっすね。

レペゼン:
凄く熱いですね!

PIZZA LOVE:
涙が出てきましたね。笑

LB-RUG:
好きなことをお金に変えて生活してくことですね。んで、夢はやっぱりSEEDAさんと一緒にやれたら感激です。

レペゼン:
どこかでできると良いですよね!!
M.A.Gくんはどうですか?

M.A.G:
ラップやる理由は、「カッコつけたいっていう理由を正当化出来るから」ですね。だから常にカッコいいと思える事をやっていたい。

レペゼン:
カッコいいもの以外は作りたくないと言う事ですね。

M.A.G:
自分がカッコいいと思ったものを、カッコいいと言わせたい。

レペゼン:
なるほど。これもアツいですね。

M.A.G:
夢は…ラップで稼いで高級車を買って乗りたいっすね!

PIZZA LOVE:
ローンで??笑

M.A.G:
いや、それはもう一括。笑

レペゼン:
夢がありますね!!

Young SEX:
俺は、音楽をやる理由は、良い曲を作れば作るほど女の子の反応もある訳じゃないですか。それが目的の一つですね。どうせやるならモテたいし、良い女抱きたいし。

レペゼン:
さすがです!

Young SEX:
後は、音楽やらなくなったら、ただただ借金しながら女の子に金使うしかないから、だったら音楽やりながら女の子に金使う方が俺は気持ち良いからですかね。

レペゼン:
叶えたい夢は?

Young SEX:
海は越えたいっすよね。どうせやるなら海を越えてBillboard(ビルボード)にも乗りたいし、ヒップホップシーン以外からも注目されて、色んなことを伝えられるアーティストになりたいですね。

レペゼン:
海外目指すっての良いですね!ぜひBillboard乗ってください!!
では最後にPIZZA LOVEくんの「ラップをする理由」と「ストリートで叶えたい夢」は?

PIZZA LOVE:
俺、馬鹿すぎて脳みそ2 bitしかないんですよ。高校も5年通って、ずっと「馬鹿馬鹿」言われて育ってきたんですけど。でも、ラップって馬鹿でもできるじゃないですか。俺みたいに頭悪い人やお金ない人、落ち込んでる人とか暗い人とかを勇気づけたいと思ってます。

Young SEX:
PIZZAの曲は誰も傷つかないし、聴いてて楽しくなりますよね。

PIZZA LOVE:
俺を見て、暗い気持ちが明るくなったらいいなー、みたいな。ラップをする理由はそんな感じですかね。

レペゼン:
夢はありますか?

PIZZA LOVE:
別にストリートで叶える夢って訳じゃないかもしれないですけど、親とか友達、彼女とかに色々迷惑をかけてきた分、恩返ししたいなってはありますね。

レペゼン:
なるほど。皆さんそれぞれんいアツい想いがあるんですね。Tajyusaim Boyzさすがです!!

ヒップホップシーンについて思うこと、そして”仕掛け”

レペゼン:
今の日本のヒップホップシーンについてどう思いますか?

LB-RUG:
とにかく速い!!自分達から仕掛け続けていかないと忘れられそうになるぐらい速い。

レペゼン:
展開が早いと言う事ですか?

LB-RUG:
色んな人が出てきて、逆に色んな人が最近見ないなーって感じで、入れ替わりが速いですよね。

レペゼン:
そのシーンの中で言う、仕掛けとはどんなことですか?

Young SEX:
俺らも常に新しいものを出そうとはしています。ワードがどうこうではなく、リズムであったり、メロディーラインの組み方だったり、常に先に、先に行けるようには意識しています。

レペゼン:
そんな”仕掛け”という意味でも、今コイツら勢いがあるなって思うアーティストはいますか?

LB-RUG:
ライブを見てすげーなって思ったのはGOBLIN LAND(ゴブリン・ランド)さんですかね。Young SEXがソロでライブ出た時に一緒で、あの時は床が抜けるんじゃないかってぐらい盛り上がってましたね。本当に凄いなって思いました。

レペゼン:
なるほど。

LB-RUG:
新しい感じの人がいっぱい出てくるから、本当に流れが速いっすね。

PIZZA LOVE:
みんなスタイルもバラバラだしね。

M.A.G:
それは逆に日本の良い所かもね。

LB-RUG:
確かに、一つのジャンルに固まるって感じではないからね。

レペゼン:
でも、皆さんも勢いは負けてないように見えます!

LB-RUG:
そこだけは負けられないっすね!

Young SEX:
逆に自分らが勢いあると思ってやってないと、そこのマインドがみんなに伝わってないと、ダメですよね。

レペゼン:
素晴らしい。そのマインド、かっこいいです!!

4人が思うヒップホップとは?そして読者に一言。

レペゼン:
そんな4人にとってヒップホップとは何ですか?

M.A.G:
ヒップホップとは…自分がカッコつけれるところじゃないですかね。

Young SEX:
自分を、自分の生き様を唯一表現できるところ。

PIZZA LOVE:
俺も同じかな。自分を表現できる場所ですよね。

LB-RUG:
うん。そうだね。自分をさらけ出す場。みたいな感じかな。

レペゼン:
なるほど。皆さんが向かっている方向は一緒なんですね!
座右の銘はありますか?

PIZZA LOVE:
「金は借りた奴が勝ち。」笑
ずっとこれでやってきたんで。笑

レペゼン:
それヤバイですね。さすがです!笑

Young SEX:
やっぱり「女の子」じゃないですかね。

LB-RUG:
それもはや座右の銘じゃねー。笑

Young SEX:
座右の銘とかわかんないっす。笑
でも「女の子」しか出てこないっすね。

LB-RUG:
自分は因果応報です!自分がやった行いが良ければよく帰ってくるし、悪かったら悪く帰ってくるし。

レペゼン:
日々心がけているんですね。M.A.Gくんはどうですか?

M.A.G:
心がけてると言うか、自分が動く時にいつも思う事は、「どうせなら」っていう言葉ですかね。

レペゼン:
「どうせなら」ってのはどう言う意味ですか?

M.A.G:
「どうせならラップで歌った方がいい」っていうか。何も行動にしないよりかは、どうせならやってダメならダメで良いじゃんって言う感じですね。

レペゼン:
なるほど!!素晴らしい!!やらないとわからないこともたくさんありますもんね!!
最後に、読者にメッセージはありますか?

LB-RUG:
「リボはやめとけ。」

M.A.G:
「ご利用は計画的に。」

レペゼン:
wwwww説得力がないのかあるのか!笑
本当に今日は楽しいインタビューをさせて頂きました!ありがとうございました!

 

「楽しいからやる」「好きだからやる」こんな当たり前のことが彼らの強さだった。きっと我々にもこんな想いはあるのだと思う。でも何かと「お金」が邪魔をする。「お金がないから」「これやっても稼げないから」いつからこんなに簡単に言い訳をしてしまうようになったのだろうか。Tajyusaim Boyz、彼らにその言い訳はない。”借金はあるが、失うものなどない”クルーがどれだけのパワーを発揮するのかが今後ますます楽しみである。

前編を読む→

Tajyusaim Boyz(多重債務ボーイズ):
左上から、Young SEX(ヤング・セックス)、LB-RUG(エルビー・ラグ)、M.A.G(マグ)、下、PIZZA LOVE(ピザ・ラブ)

 

▼Tajyusaim Boyz
Instagram:
Tajyusaim Boyz・・・tajyusaim_boyz
LB-RUG・・・_lb_rug_
M.A.G・・・m.a.g_w_s
Young SEX・・・__young_sex
PIZZA LOVE・・・pizzalove1994

Interview:ABE HONOKA

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG