Interview

2019.5.13 Mon

TAG : 

Tajyusaim Boyzが出来上がるまで その1/Tajyusaim Boyz インタビュー②

LB-RUG、Young SEXがヒップホップに出会うまで

FacebookTwitterLine

レペゼン:
では次はLB-RUGくんお願いします。

LB-RUG
小さい頃は親の仕事の関係で、昔から色んなところを転々と引越していまして、オタク気質で家で絵ばかり描いてました。

イケイケの子達と仲良くなれず、学校も家から1kmあって小学生にはキツかったというのもあって小4で不登校になりました。笑

レペゼン:
不登校で絵ばかり描いていたんですね。笑

LB-RUG
それも写し絵です。笑 

ただ小5で札幌に引っ越したら、可愛い子がいっぱいで人生が楽しくなりました。それでモテたくて痩せました。

レペゼン:
そこでもう痩せるんですね。笑

LB-RUG
その後また引越しで福島に移って、ヤンキー達にヒップホップを教わり、震災で般若さんの『何も出来ねえけど』を聞いてラップをやりたいなーと思って、上京してラップ始めました。

でも全然売れないので、またどんどん太っていきました。

レペゼン:
せっかく痩せたのにまた太っちゃったんですね。笑

Young SEX
トドみたいな感じでしたね。

LB-RUG
そう。そっからトド時代が結構続きますね。笑

レペゼン:
トドって!!笑

LB-RUG
ラップ初めてからは、スタジオにも入ったりしなくちゃいけないんで、借金もするようになったんですけど、Slendermanさんに出会ってTajyusaim Boyz結成を結成して、

『リボで買う。』が出たあたりでメンタル的にはマイナスがプラスになって、人生楽しくて痩せていきました。

レペゼン:
なんか体重の変動グラフみたいですね。笑

LB-RUG
確かに。人生グラフというより体重グラフですね。笑

レペゼン:
最初はソロでやってたんですよね?

LB-RUG
そうですね、かなりソロの時代が長いですね。

レペゼン:
Slendermanさんがみんなを繋げたんですか?

LB-RUG
そうですね。最初ソロやってる時にSlendermanさんが遊びに来てて、俺のライブの後にあいさつしました。

それから音楽を勉強させてもらうようになり、その後みんなを繋いでもらいました。まぁこんな感じですかね、以上僕の体重グラフでした。笑

PIZZA LOVE
今の体重も書いといたら?

LB-RUG
今は70kgぐらいですかね。

レペゼン:
MAXの時で何kgあったんですか?

LB-RUG
MAXで90kgですね。ガチトドですね。

レペゼン:
だいぶ痩せましたね!すごい!

では続いてYoung SEXの人生グラフを教えてください。

Young SEX
生誕して、まず、幼稚園に入ってすぐに何人とかじゃないレベルで好きな子がいっぱい出来ました。

レペゼン:
もう当時から女好きだったんですね!

Young SEX
そうなんです、凄く好きで。それで7歳でヒップホップに出会いました。

レペゼン:
7歳でヒップホップは早いですね!出会いのきっかけは何だったんですか?

Young SEX
小さい頃野球してたんですけど、親父に送り迎えをしてもらってる時に、スピーカーがバッキバキになるくらいヒップホップをかけてたんですよね。

そこからヒップホップを聞くようになりました。

PIZZA LOVE
ヒップホップの英才教育だなー!!

レペゼン:
最初に聞いたのは何だったか覚えてますか?

Young SEX
最初に聴いてたのはEMINEM(エミネム)が多かったと思いますけど、他にはDMX(ディーエムエックス)、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)とかウェッサイ系が多かったですね。

レペゼン:
いいお父さんですね!!

Young SEX
んで、そっから14、5歳で童貞を奪われる。

レペゼン:
はやっ!!笑 「奪われる」って。笑

しかもそこで少しグラフ下がるんですね。

Young SEX
嫌だなって反面、でも嬉しいなって気持ちもあって。

レペゼン:
奪われたってことは、その時の相手は年上ですか?

Young SEX
いや、タメです。同い年の怖い子に奪われちゃって。

でも、その後すぐに圧倒的に性に目覚めました。ここから20歳くらいまで女遊びだけで生きていました。

レペゼン:
目覚めちゃったんですね。笑

Young SEX
でも20歳の頃に「クラブでいい女抱きてえなー」って思うようになり、ヒップホップやりたいと思ってたし、ライブもやりたいと思ってラップを始めました。

んで、その後すぐLB-RUGに出会いました。

レペゼン:
そこからずっと一緒に?

Young SEX
そこからLB-RUGにずっと付いて行ってラップをやり続け、20~22歳の間ぐらいでSlendermanさんに出会いました。

それで、22、3歳で自分の中のYoung SEXが目覚めました。その後Tajyusaim Boyzを結成し、借金は恥ずかしい事じゃないと気付き、今は借金を返すためヒップホップドリームを掲げ生きています。

レペゼン:
ヒップホップドリーム!良いですね!ちなみに経験人数は3桁行ってますか??

Young SEX
どうなんですかね。”ペニチャッチャ”も含めたら3桁いってんじゃないですかね。

レペゼン:
ペニチャッチャ。笑

Young SEX
中3の途中ぐらいまで数えてたんですけど、両手両足で数えきれなくなった瞬間から数え方が分からなくなって、もう数えるのやめようってなちゃって。

レペゼン:
モッテモテですね!絶対3桁超えてますよね!

…続く。

▼Tajyusaim Boyz
Instagram:
Tajyusaim Boyz・・・tajyusaim_boyz
LB-RUG・・・_lb_rug_
M.A.G・・・m.a.g_w_s
Young SEX・・・__young_sex
PIZZA LOVE・・・pizzalove1994

Interview:ABE HONOKA

日本のストリートをレペゼンしよう。

[/expand]

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG