Interview

2018.10.11 Thu

TAG : 

レペゼンインタビュー:Normcore Boyz ”究極の普通”ラップクルー現る

SUMMER SONIC(サマソニ)やSUMMER BOMB(サマーボム)にも出演した、今急成長のヒップホップ集団ノームコア・ボーイズ

FacebookTwitterLine

日本のヒップホップシーンに突如現れた”究極の普通”ラップクルーNormcore Boyz(ノームコア・ボーイズ)。以前DJ CHARIとDJ TATSUKIのインタビューにおいてもその名前が登場したが、シーンで名前を聞くようになったのはまだ最近の話。しかし、あっという間に、今年のSUMMER SONIC(サマソニ)やSUMMER BOMB(サマーボム)にも名だたるラッパーたちと共に名を連ね、観客をわかせた。
レペゼンインタビュー第11回目は、そんな次世代のラップクルーNormcore Boyzにスポットライトを当てる。
前編は結成からのこれまでの話と、各個人のキャラクターを徹底分析。
→後編を読む

READ ALL

Normcore Boyzメンバー自己紹介

レペゼン:
まずは皆さんお一人ずつ自己紹介をお願いいたします。

OSAMI:
Normcore Boyz(ノームコア・ボーイズ)のOSAMI(オサミ)です。出身はお台場で今もお台場に住んでます。血液型はわからないです…

Spada:
Normcore BoyzのSpada(スパーダ)です。出身は渋谷区です。お台場でラップやってます。血液型はO型です。

Gucci:
Normcore BoyzのGucci(グッチ)です。出身地は台場で、住んでるところも台場です。血液型はB型です。

レペゼン:
GucciくんはGucciが好きなんですか?

Gucci:
そうですね!

レペゼン:
そんな曲もありますもんね!

Gucci:
はじめフリースタイルでよく言ってたフレーズをそのまま曲にしちゃった感じですね。

レペゼン:
なるほどー!では次お願いします。

Night Flow Mike:
Night Flow Mike(ナイト・フロー・マイク)です。出身地はお台場です。血液型はO型です。

Young Dalu:
Young Dalu(ヤング・ダル)です。出身地は台場です。住んでるのも台場で、死ぬのも台場です!

一同:
ういー笑

Young Dalu:
血液型はO型です。よろしくお願いします。

DJ NORIO:
TOKYO YOUNG VISIONのバックDJやってる、DJ NORIO(ディージェイ・ノリオ)です。地元は三茶です。血液型はB型です。

(TOKYO YOUNG VISIONはNormcore Boyzのレーベルに当たる組織。もとは代々木サイファーから始まり、3年前ほど前からTOKYO YOUNG VISIONとして音源制作を開始。Normcore Boyzの他に、Weny Dacillo、HIDEYOSHIなども所属。)

Young Dalu:
OとBしかいないんじゃんー!笑

レペゼン:
ちなみにDaluくんと、GucciくんとNORIOくんは顔が日本人ぽく無いですけど…

Gucci:
ハーフす。俺とダルがフィリピンで。

DJ NORIO:
こっちはコロンビアです。よく一緒にやってるHIDEYOSHIもコロンビアです。

レペゼン:
やっぱハーフなんですね!

Young Dalu:
俺のかーちゃんとGucciのかーちゃんは昔から仲良くて、俺らはそっから知り合って。仕事してた先もGucciと一緒だったし、24/7グッチと一緒にいますね。笑全部一緒っす。

レペゼン:
仲良いですねー!!

メンバー構成

(左上段:Spada、右上段:DJ NORIO、左中段:OSAMI、右中段:Gucci、左下段:Night Flow Mike、右下段:Young Dalu)

レペゼン:
メンバー内でそれぞれの役割はあるんですか?

Young Dalu:
今は、Night Flow Mikeがリーダーっす。

Night Flow Mike:
そうです。交代制なんですけど。

レペゼン:
交代制!!??

Night Flow Mike:
つい最近変わって。この前まではGucciでした。

レペゼン:
へー面白い!どんなタイミングで変わるんですか?

Night Flow Mike:
自分に直すべきところとかが見つかると、リーダーになるんです。課題が見つかると、逆にリーダーになって、そこ治そうみたいな。

Spada:
責任感じゃないですけど、みんなで話し合って決めてますね。

Night Flow Mike:
自分もこのやり方いいと思ってます。

DJ NORIO:
Gucciもブッキングとか、上とのやりとりが結構できるようになったもんね。

レペゼン:
てことは、今の課題をクリアしたら、リーダーが違う人に移るってことですか?

Gucci:
そうですねー多分交代します。

レペゼン:
この交代制はかなり、Normcore Boyzがいい集団であることの理由の一つな気がしますねー!喧嘩とかしますか?

Night Flow Mike:
喧嘩はあんまりしないですね。意見の言い合いはしますけど。

レペゼン:
仲良いですねー!!過ごす時間はどんな感じですか?ほぼ毎日一緒にいるんですか?

Gucci:
ま、そうですね。

Night Flow Mike:
地元も近いから、すぐ会えちゃうし。

人生グラフ〜Normcore Boyzの誕生〜

レペゼン:
では人生グラフの記入をお願いします!
今回はNormcore Boyzとして1枚描いて頂きます!

(人生グラフを記入)

一同:
できました!

レペゼン:
ありがとうございます!綺麗に書いていただきましたね!それでは順番に説明してもらえますか?

レペゼン:
ラップはいつから始めたんですか?

OSAMI:
もともと3~4年前ぐらいからフリースタイルをやり始めて。そんときは全然遊びだったんですど。だんだん曲とか作りたいねってなって。

Young Dalu:
で、結成したのは2年前ですね。

レペゼン:
なるほど。皆さんフリースタイルやる前から友達ではあったんですか?

OSAMI:
俺とDaluとGucciとMikeが小学校が一緒で。
俺とSpadaが中学校一緒でって感じでつながりましたね。

レペゼン:
なるほど。

Night Flow Mike:
もともとのグループ名は「Normcore No more」でした。後からファーストEPのタイトルにもつけたんですけど。

レペゼン:
なんでグループ名を変えたんですか?

Young Dalu:
まあ、長いし呼びにくいっていうのがあって。

Gucci:
フライヤーの時もちょー長いし笑

Young Dalu:
男だし、Normcore Boyzでみたいな感じで。

DJ NORIO:
「Normcore」の意味調べたらめっちゃかっこいいんですよ。

Spada:
普通なんだけど、ただの普通じゃないっていうか。

DJ NORIO:
「究極の普通」だよね?ニューヨークでも流行った言葉らしいです。

Gucci:
向こうの人も全然意味わからない言葉らしいですけど。

レペゼン:
でもかっこ良さは伝わってきますね!

Young Dalu:
それで、名前を変えて「Normcore Boyz」としての最初のEPを、あえて最初のグループ名だった「Normcore No More」っていうものにしましたね。俺らのこと知らない人たちもいるだろうっていう中で、ある意味思い出のある言葉なんで。それを一番最初の作品につけようってなって。

レペゼン:
なるほどー名前の由来にもちゃんと意味があるんですねー!面白い!そんなNormcore Boyz結成後初ライブは渋谷Familyなんですねー

Young Dalu:
そうですね。一番最初はFamilyですね。

レペゼン:
最初は3人だったんですね?ここで、OSAMIくん「幼馴染が飛んだ」って書いたありますね。

OSAMI:
そうですね。その頃からみんないたんですけど、作った曲が3人だったんで、それで初ライブに出演したって感じですね。ライブはもともと4人でやる予定だったんです。その飛んだやつ含めて。でもそいつはライブの当日にいなくなりました。
その前から、すっと問題があったんですけど…

Spada:
でもその問題を俺たちはかばってたんですけど、かばってたことに対しても嘘をつかれて。信用できなくなっちゃったら、その日にいなくなりました。

レペゼン:
いなくなっちゃったんですね。もう繋がってはいないんですね。

OSAMI:
全く会わなくなったっていうか。生きてるとは思うけど、どこで何やってるかはわかんないっすね。

Young Dalu:
まあ、今の僕らに問題はないですね。笑

OSAMI:
そうですね。でもまあ、でもこの時は結構落ちてましたね。この先大丈夫かなって。仲間がいなくなると不安になりますよね…
よくそこから気持ちを上に持っていけましたね!!

そのあと下積み1年で、Gucciくんはリリックの書き方がわからないって悩んでたんですか?

Gucci:
そうですね。めっちゃ悩んでました。

レペゼン:
そもそもみんなどうやってリリック仕上げるんですか?

Gucci:
みんなケータイのメモっすね。ビート聞いて、みんなで決めたタイトルに合わせて書いていく感じですね。

レペゼン:
最初にタイトル決めちゃうんですね。

Gucci:
そうですね。

OSAMI:
曲によるんですけど。この曲はこのイメージでっていうマインドは合わせて、みんな書いてきて持ち寄るみたいな感じですね。

レペゼン:
なるほどー!!始めたばっかりだから、そりゃわからないですよねー。我々も急にリリックかけってもし言われたらわからないですもん!笑
最近はその悩みからは解放されたんですか?

Gucci:
そうですね。悩むときはあるけど、流石に書き方がわからないってことはないです。まあ、いまだにわかってないのかも知んないですけど!笑
当時はほんと一文字もかけなかったっすもん!

レペゼン:
どうやって克服したんですか?

Gucci:
いやもう、とにかくやってくうちに治ったっす。

Spada:
もうやるしかないっす。

Gucci:
当時は落ち込んでましたけど、今思えばなんだかんだできるじゃん!って感じですね。

レペゼン:
これが言っても1年前ぐらいってのが驚きですけど。悩みからの成長曲線がすごい…
Spadaくんは同じ頃にバカしてたんですね!?どんなバカしてたんですか?

Spada:
単純に遊びまくってたって感じですね。親にも迷惑かけました。

レペゼン:
親御さんは厳しいんですか?

Spada:
そうですね。比較的厳しいですけど。まあ、ラップやってることは理解はしてくれてます。

レペゼン:
確かに親御さんの理解とサポートを得ながら活動していくバランス感覚も大事ですよね。その後から埼玉のスタジオで楽曲制作をスタートしていくんですねー

OSAMI:
始めは地元の知り合いのスタジオみたいなところでしたね。軽くRECして、たまにライブするって感じだったんですけど。今出してるミックステープとかEPをレコーディンディングしてる埼玉のスタジオを使い始めたのが、去年の10月からですね。

レペゼン:
スタジオってやっぱ違うんですか?

Young Dalu:
そうですね。もともとウェニー(Weny Dacillo)とかが使ってたスタジオなんですけど。俺らはそれまでスタジオっていうスタジオ入ったことなかったんで。そこに入ってみんなで一緒に曲作るようになって、刺激もらって、マインドが良い方向に向かってったてのが、間違いなくありますね。

Spada:
「どうすればいいのか。」がわかったっすよね。

レペゼン:
ここで、Mikeくんは「自分でもできるのか」って思ったんですね?

Night Flow Mike:
初めてちゃんとしたスタジオ入って、自分らがRECした曲が、普段自分たち買って聴いてる曲と同じぐらいクオリティがよかったんで。「自分でもできるんだ!」って思いました!

レペゼン:
そっか!そのハイクオリティな楽曲が自分たちで作ったものなんですもんね!それは感動と同時に自信がつきそうですね!

Night Flow Mike:
そうですね。

レペゼン:
そしてその後、1st EPを発売すると。順調に言っているように見えますが、この頃Daluくんは悩んでたんですね??

Young Dalu:
そうですね。とにかく1作目としての形が欲しい。っていう思いでいっぱいでした。曲の配信先を”どこ”にすれば売れるのかずっと悩んでました。先人が売れていくにつれて、自分たちまだまだ形がないと思って。色々考えた混んでましたね。意外と真面目なんで。笑
結果i Tunesで配信できたんですけど、その直後もみんなで「配信できたものはいいけど、次はどうする?」ってすっと考えてましたね。

レペゼン:
反響はどうだったんですか?

Young Dalu:
反響しかなかったです!笑
正直こんなに反響があって、周りの人から声かけてもらえるなんてことは当時は考えてなかったですね。

レペゼン:
悩んだけど、動いたら結果がついて来たんですね!!
そしてTokio Teleportをリリースと続くんですね。Tokio Teleport、我々もけっこう聴いています!!

一同
ありがとうございます!!

 

吸収力と探究心。これは人の成長にとってかけがえのないものだが、メンバー全員がそれを持ち、自然と共有し合うと、とんでもない化学反応が起こるのだろう。そして彼らがストリートの現場で愛される理由も、吸収力を探究心に逆らわずまっすぐだからだろう。今後の日本のストリートシーンがさらに盛り上がるために必要なのは、こんな正直でまっすぐなクルーたちなのかもしれない。後編はそんなNormcore Boyzの楽曲制作や今後の展望について迫る。お楽しみに。
後編を読む

 

Normcore Boyz
Instagram:normcore_boyz
OSAMI:osamiesper
Young Dalu:dalu_san_fuck3
Gucci:gucci_the_freak
Spada:spa_spa0120
Night Flow Mike:mike_world_3
DJ NORIO:tyv_record

Interview by ABE HONOKA

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW