Higashiのたばこルーティーン|CIGARETTE TALKS

東京の下町で燻らす紫煙

ライター:TARO

@東十条

駅前の赤提灯が灯り始める頃、帰路を急ぐ人とまだ夜を楽しみたい人が交差するストリートの一角、一際楽しそうな声が聴こえてきた。vivo daily standに毎日のように集う人たちの弾むような笑い声だ。シューズメーカー営業のHigashiは仕事終わりにいつもこのバーに立ち寄っている。一日働いた疲れを、うまい酒と料理、そして人との語らいで癒しているのだ。そんな彼が最近愛煙しているのがHOPE SUPER LIGHT。愛らしいデザインとサイズ感とは裏腹に苦味と甘さを兼ね備えたしっかりとした吸いごたえがヘビースモーカーも唸らせる逸品だ。そっと人の輪を抜けて、店先の喫煙スペースで一服を嗜んだHigashiはまた輪の中に戻る。東京の下町のあったかくて、いなたい、そしてどこかホッとする風景がそこにはあった。

タグ一覧