Interview

2018.5.2 Wed

TAG : 

これからの活動について/スタイリストMASAYA⑥

MASAYAの展望

FacebookTwitterLine

レペゼン:
現在のスタイリストとしての仕事について聞きます。今担当している人は誰ですか?

MASAYA:
稲村亜美さんをメインでやらしてもらってますね。
あとは、俳優、アイドル、アスリート、声優と幅広いっすね。
選んでると飯食えないんで。笑
アスリートだと前にスタリングさせてもらったアーセン君はまたやりたいなー

レペゼン:

今後スタイリングしたい人はどんな人がいますか?

MASAYA:
アーティスト系ですね。スキャンダルみたいなガールズバンドとか!
私立恵比寿中学は前に一回だけスタイリングしたことあるんですけどね。
女の子のスタイリングがなんで面白いかって、アイテムが多いんすよね。
チョーカー、コルセット、とか、メンズにないものがあるんで面白いっすね。

レペゼン:
なるほど。スタイリストさんってそういう目線で仕事してるんですね。
では趣向を変えて。最近ハマってることは?

MASAYA:
温泉です。温泉好きの友達とよく一緒に行ってます。
この前は春日部までわざわざ行きました。
よかったですねー全然違いました。普段のぼせちゃうんで長いこと入ってらんないんですけど、ずっと入ってられるんすよ。
名前忘れちゃったんですけど、そこの温泉日本一らしいんすよ。

レペゼン:
気になる!名前思い出してください!

MASAYA:
でも、板橋にももう一個すごいところがあって、そこが本当に一番いいらしいいっっす。
そこ入ると、次の朝は起きれないっていう噂があるんすよ!リラックスしすぎて。

レペゼン:
すごい。仕事の疲れはそうやって癒してるんですね。そういう時間も必要ですね。
ではスタイリストとしての今後の展望を教えてください。

MASAYA:
やっぱり、世代で一番有名になりたいっすね。
目立つっていう意味ではなくて、仕事めっちゃやってんな。みたいな。
いい意味でコツコツやりつづけたいっすね。
アシスタントもめっちゃいるような。
ちなみに現在女の子のアシスタントは募集中です。

レペゼン:
最後に、座右の銘を教えてください。

MASAYA:
継続は力なり」ですね。
やってれば。辛くてもとにかく続けてたら、なんとかなる。
今は、あのときやめなくてよかったーって思ってますね。
今、独立して3年なんですけど、当時、仕事は0だったんす。
普通は、独立するときに、師匠から1個や2個の仕事もらえるんですよ。枝分けみたいな。
でもそれもなくて。しかも、急に独立していいよって言われたから、アシスタント時代に仕事させてもらった人たちに挨拶もいけなくて。
そこで挨拶できたら、仕事にも繋がってたかもですけど。リストラにあったみたいな気分でしたね。

でもゼロからのスタートって思って、やれることは全部やりましたね。
作品撮りして、ブック作って、営業回って、頭下げて、そうすると少しずつ仕事が入って来て、
それをまた次に繋げて、その繰り返しを一生懸命やりつづけました。それで、2年経ったぐらいから食えるようになって来ましたね。
まだまだですけど。もっともっと行きたいですけどね。

レペゼン:
上の人も越えられるような?

MASAYA:
師匠も越えたいっすね。下から押し上げたいっすね。共存は大切ですけど笑

レペゼン:
ありがとうございました。

 

話を聞いて驚いたのは、並々ならない苦労があっても、その表情からは全然伝わってこないほど、MASAYAが前向きということ。
何かにぶつかったり、辛い瞬間はあっても、それをプラスに受け止め、前向きに行動して来た彼の話を聞くとそれが納得できる。
ストリートの世界でも、MASAYAのようなスタイルは必要だ。
裏にある苦労は表に出さず、常に自分ができるアピールをし続ける。そんな彼のライフスタイルはまさにストリートだと感じた。
今後もMASAYAの活動に注目して行きたい。

 

スタイリストMASAYA
Instagram : stylistmasaya

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG