Interview

2019.10.24 Thu

TAG : 

ストリートブランド「Lafayette(ラファイエット)」/デザイナー:金子淳二郎インタビュー①

ストリートで我々ヘッズをうならせ続けるラファイエット。立ち上げやニューヨーク出店にまつわる物語に迫る。

FacebookTwitterLine

夏であろうと冬であろうと人は服を着る。暑くても寒くてもおしゃれをする。

さらにストリートに出ると、それは戦いになる。何を、どう着こなしているか。

みんなそれで勝負する。

今回スポットライトを当てるのは、あなたも一度は袖を通したことがあるであろうアパレルブランドでセレクトショップでもある「Lafayette(ラファイエット)」の社長、金子淳二郎(かねこ じゅんじろう)。

READ ALL

我々がストリートで戦う時、その胸元には「Lafayette」の文字がある。そんな一大ブランドを築き上げた男の夢と冒険の物語に迫る。

レペゼン:
まずは自己紹介をお願いします。

金子淳二郎:
「Lafayette(ラファイエット)」の金子淳二郎です。1979年4月10日生まれのA型で、出身は鎌倉で、今も鎌倉に住んでます。

レペゼン:
身長、体重と足のサイズを教えてください。

金子淳二郎:
身長は173cmで体重は75kgぐらいですね。足のサイズは本当は25cmくらいだけど、27~28cmを履いてます。

レペゼン:
だいぶ大きいサイズ履かれてるんですね。笑

金子淳二郎:
足は小さいけど、体は大きいからバランスの関係でね。笑 昔サッカーやってた時のスパイクは24.5cmでした。

レペゼン:
足めちゃくちゃ小さいですね!

次は、好きな食べ物と嫌いな食べ物を教えてください。

金子淳二郎:
最近、家では奥さんがオーガニック思考で、オーガニックな食事をよく食べて好きになりましたね。

嫌いな食べ物はないです。世界中色んなところ行ったけど、嫌いな物はなかったですね。

レペゼン:
特にどこの国の料理が好きとかはありますか?

金子淳二郎:
最近だと、ドミニカの料理はうまいっすね。

レペゼン:
ドミニカの料理ってどんな感じなんですか?

金子淳二郎:
チキンと豆とライスがプレートで出てくる感じですね。あ、好きな食べ物で言えばマングーになるのかな。

レペゼン:
マングーって何ですか?

金子淳二郎:
ドミニカの朝食ですね。

レペゼン:
へえ~!そういうのって何の影響で好きになったんですか?

金子淳二郎:
「Lafayetteニューヨーク」のスタッフにドミニカンがいて、ドミニカンレストランに行くようになって、それで食べるようになったって感じですね。

レペゼン:
そういう事なんですね!!なるほど~

趣味は何かありますか?

金子淳二郎:
最近ハマったのはキャンプかな。

レペゼン:
良いですね。結構行かれてるんですか?

金子淳二郎:
夏はあんまり行かないけど、秋と冬に数回は行きます。最初は面倒くさいと思ってたけど、やってみると楽しいし、炎をボーッと見てるのも意外と良いなって。

レペゼン:
いいですよねぇ。「Lafayette」のメンバーでキャンプやったらすごそうですね。

金子淳二郎:
いやいや、行くとしても家族だけでこじんまりとやるか、友達の家族と2組でみたいな感じですよ。笑

レペゼン:
次は人生グラフで、金子さんご自身の人生を振り返って頂きたいと思います!グラフのご記入をお願いします!

レペゼン:
まず、子供の頃や学生の頃はどんな感じでしたか?

金子淳二郎:
幼稚園ぐらいから高校までずっとサッカーをやってましたね。

レペゼン:
学校の部活でやられていたんですか?

金子淳二郎:
小学校の時は学校でやってたクラブチームみたいなのに入ってました。中高は部活でしたね。

小中は真面目にやってたんだけど、高校の時は部員も多いし上手い奴らがたくさんいて、そこから少し狂いましたね。笑

レペゼン:
狂ったんですね。笑

ちなみに「Lafayette」立ち上げメンバーと出会ったのは、高校のサッカー部ですか?

金子淳二郎:
「Lafayette」は同級生の小柳と和田と3人で始めたんだけど、和田は5歳ぐらいの時から一緒ですね。

レペゼン:
幼馴染だったんですね!

金子淳二郎:
そうそう。5歳の頃から一緒にサッカーしてましたね。

小柳が高校からだから3人が一緒になったのが高校の時ですね。

レペゼン:
じゃあ高校で3人が一緒になって、部活への熱が段々とファッションに変わって行った感じですか?

金子淳二郎:
もう高2ぐらいから部活は真面目にやってない感じでしたね。笑

その当時で言うとバンドブームだったんで、どちらかというとバンドと洋服に興味がありました。

レペゼン:
そうなんですか!!バンドやられてたんですか?

金子淳二郎:
ベースをやってました。

レペゼン:
ベースだったんですね。

金子淳二郎:
高校出た後も趣味として22~23歳ぐらいまではバンドはやってました。たまにライブやったり。本当にお遊び程度ですけど。

レペゼン:
そのバンドに小柳さんや和田さんは関係ないんですか?

金子淳二郎:
小柳はドラムやってましたね。あとは同級生とかがMCとかやってましたね。

レペゼン:
なるほど。

金子淳二郎:
どちらかと言うバンドに興味があったからロックを聞いてたんだけど、ヒップホップの話すると18~19歳ぐらいの時に”ミックスチャーバンド”ってのと出会って。

それやってる奴らはライブの前に「House of Pain(ハウス・オブ・ペイン)」とかヒップホップをかけるんですよ。だからヒップホップはそう言うところから聞くようになったって感じですね。

レペゼン:
なるほど!!ロックが先だったのは意外でしたけど、そこでヒップホップに出会うわけですね!

…続く。

金子淳二郎 Instagram:jun_lafayette

Interview by DJ K.DA.Bdjkdab

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG