Interview

2018.8.3 Fri

TAG : 

彼の知られざる過去/ラッパー焚巻②

インタビューでこそ分かる焚巻

FacebookTwitterLine

レペゼン:
ラップはいつから始めましたか?

焚巻:
14歳の時からです。だから、ちょー遅咲きなんです。

レペゼン:
早い!中学生の時ですね!どんなきっかけで始めたんですか?

焚巻:
当時、川越市の外れの「いなげや」っていうスーパーにマックが入ってて、そこでよく仲間と麻雀をやってんですけど、ある時、先輩がフライヤー持ってきたんですよ。
当時、まだ”フライヤー”って言葉を知らなくて、”メチャクチャかっこいいデザインのチラシ”やばい!ってなったんですけど、そっからクラブに行き始めましたね。
んで、当時、池袋MADAM CARRASマダムカラス)っていうクラブがあって。あ、ここKICK THE CAN CREWがよくライブやってたところで、トイレにものサインがあったりして。
そことか、池袋のもうひとつあったクラブ、DOORドア)って場所に行くようになってラップし始めました。

READ ALL

レペゼン:
かっこいいチラシ!笑
小さい頃はどんな子供でしたか?

焚巻:
まず、うちは中流家庭で、両親もそろってて、ばあちゃんも一緒に住んでる家に育ちました。両親は共働きだったので、ばあちゃんと過ごす時間が長かったガキでしたね。両親も働いてたんで、勉強と努力さえすれば好きなところにいける、ぐらいの家庭にはいたと思います。

レペゼン:
なるほど。いわゆる”普通”の家庭だったんですね。

焚巻:
そうですね。周りの友達は両親がそろっている奴がほとんどいなくて、なんで僕は、環境としてはメチャクチャ恵まれてました。
中学の時、考えさせられる出来事があって…

レペゼン:
どんな出来事ですか?

焚巻:
当時、お金が無くても遊びたいから、友達たちとみんなで悪いことをしてお金を作るわけですよ。事が終わって、友達んち行って「飯食おう!」ってなるんですけど、そうすると冷や飯が出てくるんですよ。
「電子レンジでチンして」っていうお決まりの置き手紙があったり、カップラーメンが晩飯っていう家もありました。でも自分んちに帰ったら、あったかい飯が出てくるわけですよ。だから、同じことをしてても、仲間はマジで金なくてこれをやってんだなって思って…

自分は家に帰れば両親も居て、飯も出てくるのに、背伸びしてみんなと同じ事をやってたんでしょうね。
これは色んなことがある中の一コマにすぎないんですけど、その時に、「俺ってメチャクチャ恵まれてんだなっ」て痛感しました。

レペゼン:
なるほど。悪いことをした結果、そこに気づいたんですね。

焚巻:
でもそれで、エリート劣等感みたいなものが出来て、反抗期が加速してっちゃうんですよね。
周りの人間から見たら本当に甘ちゃんだったと思いますよ。それぐらいの頃から、クラブにも行きはじめました。

レペゼン:
なるほど。

…続く。

焚巻 Instagram:takumaki_mc
Interview By ABE HONOKA

場所:OASiS

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG