Interview

2019.5.27 Mon

TAG : 

ないものは自分で作るだけ/ラッパーELIONE②

彼の考える音楽&ファッションについて

FacebookTwitterLine

レペゼン:
続いてはELIONEさんの音楽について聞いて行きます。最近好きな楽曲を教えてください。

ELIONE:
最近かー…めっちゃ色々聞くので難しいですね…
でもずっと好きなのは、Slick Rick(スリック・リック)とか、Ghostface Killah(ゴーストフェイス・キラー)が好きです。Mike Dean(マイク・ディーン)や、No ID(ノー・アイディー)、Kid Cudi(キッド・カディ)、Kanye West(カニエ・ウェスト)、G.O.O.D のサウンドは脳が刺激されて最高ですね。

レペゼン:
いいですね!では今日聴いて来た曲は何ですか?

READ ALL

ELIONE:
今日はYOUNG FREEZ(ヤング・フリーズ)のUnfairって曲を聴いて来ました。

レペゼン:
YOUNG FREEZさん!以前にインタビュー受けて頂きました!仲いいんですよね?

ELIONE:
そうですね。真っ直ぐな男らしい奴です!

レペゼン:
そのほかに仲のいいラッパーは誰ですか?

ELIONE:
そのほかで仲が良いのはSALU(サル)、RYKEY(リッキー)、JP THE WAVY(ジェイピー・ザ・ウェイビー)、JAZEE MINOR(ジャジー・マイナー)、CHICO CARLITO(チコカリート)、TKda黒ぶち(ティーケーダクロブチ)ですかね。
FRank Logun(フランク・ローガン)、Billy Laurent(ビリー・ローラン)、Watman(ワットマン)は地元が同じで、一緒に活動してます。

レペゼン:
みなさん仲良さそうなイメージあります!
逆に、今知り合いじゃない人で、コラボしたいアーティストはいますか?

ELIONE:
Slick Rick!Ghostface Killah。あとはPusha T(プシャ・ティー)ともやりたいです!

レペゼン:
良いですね~!!見てみたい!!
続いて、ご自身の楽曲についてお伺いします。リリックのインスピレーションはどこで受けてますか?

ELIONE:
んー…日常…というか自分のスタンスを歌ってますね。

レペゼン:
ふと思いついた時にメモしたりとかするんですか?

ELIONE:
いや、メモはあんまり取らないですね。スタジオ入って音聴いて、そのまま歌います。曲によっては歌詞を書いたりもするんですけど。歌詞書かないでそのままずっと何小節かずつ埋めていって、聴いてもう一回全部歌い直したりとかですね。

レペゼン:
凄いですね!そのスタイルの曲作りってどれくらい時間かかるんですか?

ELIONE:
早い時はすぐできます。ビートも自分で作るんですけど、頭の中でこういう曲を作りたいってのがあるんで、ビートを組んでる時にはもうメロディーにどう乗せようとかは出来ていて、こういうサビにしよう!とか全部同時進行ですかね。

レペゼン:
トラックも自分で作ってるんですね!!

ELIONE:
ファーストアルバムとこないだ出したのは全曲自分で作ってます。

レペゼン:
曲作りはどうやって学んだんですか?

ELIONE:
独学です。

レペゼン:
凄い!!トラックを買ったり、誰かに作ってもらったりって方法もあると思うんですけど、自分でやろうと思ったのはなぜですか?

ELIONE:
単純に自分が歌いたいサウンドが日本になかったってことですね。

レペゼン:
なるほど。

ELIONE:
BPMがフレッシュで、かつサンプリングしてあって、それにソウルフルなサウンドって言うのが日本には無いなと思って。海外で言えばTravis Scott(トラビス・スコット)がいてKanye West(カニエ・ウェスト)、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)、Drake(ドレイク)がいて、国柄もあるとは思うんですけど、そういうドープでフレッシュなサウンドを作る人いなくないですか?だから自分で作ってます。

レペゼン:
なるほどー!

ELIONE:
たぶん日本にそういうマーケットがなくて、サンプリングなら90’sぽくなったりとかビートミュージックぽいサウンドが多いのかなって。そこにフレッシュさがあるアーティストって僕がラップを始めた頃にはあまりいなかったし、トラックもなかったので自分で作り始めました。

レペゼン:
無いなら自分で作っちゃえ!って言うスタイル、カッコいいです。やろうと思ってんもなかなか出来る事じゃないですもんね。

ELIONE:
あとは、JIGG(ジグ)さんとかBACHLOGIC(バックロジック)さんとか、日本でも世界基準で音楽を作っているプロデューサーに憧れてて、自分でやってみたかったのもありますね。お二人にはすごく影響を受けたと思います。

レペゼン:
なるほど。もはや作曲家ですね!!

レペゼン:
ファッションのこだわりとかはありますか?

ELIONE:
自分が好きな物を着る事ですね。

レペゼン:
これはダメとかっていうのはないですか?

ELIONE:
ダメってのはないですけど、音楽と一緒でトレンドからクラシックまで横一列に並べて、自分が今着たい物を着る。歌いたい歌を歌うってのと同じです。

レペゼン:
その時の自分に正直にってことですね。

ELIONE:
ファッションってたぶん哲学だし、その人を表す物なので。自分のやる「音楽」と「ファッション」、「俺が普段やる事」全てが一致していたいって感じです。

レペゼン:
「ファッション=哲学=人間の個性」なんか納得です!!
好きなブランドとかはあるんですか?

ELIONE:
んー、最近、クロムハーツ好きになりました。

レペゼン:
今も付けてますもんね!すごく似合っててかっこいいです!

…続く。

▼ELIONE
Official HP: http://www.elione-official.com/
Instagram: https://www.instagram.com/elione1987/
Twitter: https://twitter.com/ELIONE1987

Interview:ABE HONOKA

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG