Interview

2018.11.11 Sun

TAG : 

大ヒットと衰退・低迷期/DJ WATARAIインタビュー③

あの名曲のRemixが大ヒット。しかし…

FacebookTwitterLine

レペゼン:
HARLEMのレギュラースタートしたあとは…

DJ WATARAI
26歳でMISIAの「包み込むように」Remixが大ヒットしました。

READ ALL

レペゼン:
すごいです…!いまだにクラブでもかかるし、本当にいい曲ですよね!!

このヒットの影響は大きかったんじゃないですか?

DJ WATARAI
ヒットがきっかけで制作の仕事がくるようになりました。それまでもMUROくんの曲をちょこちょこ作ったりしてたんですけど、一気にきましたね。ラッキーでした。笑

レペゼン:
グラフも、右上がりですね!!

DJ WATARAI
MISIAのデビュー曲なんですよ、これ。しかも、もともとダンスのビデオを出してる会社が初めてのアーティストのマネジメントするっていう話で。

3,000枚売れればいいと思ってたのに、240万枚売れちゃって。

レペゼン:
すげーーー!!超大ヒットだ!!

DJ WATARAI
もともと売れないと思ってたからギャラ5万円くらいしかもらってなかったんだけど。笑 まあ、このおかげで仕事がくるようになったからよかったんですけどね。

レペゼン:
でもなんかちょっと勿体無いですね。笑

そもそも、どうやって曲作りを覚えたんですか?

DJ WATARAI
最初は独学で。覚えるのに2年くらいかかりました。

「SP2000」っていうのを初めて買ったんですけど、機械苦手だし、マニュアルが英語だったんですよ。笑 一語ずつ訳してたんですけど、全然わかんなくて。笑

「MPC」は人に教えてもらって。それからずっと「MPC」。

レペゼン:
機械もまだ日本では一般的ではなかった時代だったんですね。そのあと、順調かと思いきや、グラフが下がっていますが・・・。

DJ WATARAI
30歳で仕事が激減しました。笑

レペゼン:
なんで激減してしまったんですか?

DJ WATARAI
なんでですかね…。この時、HARLEMでやってたHONEY DIPをELEVENに移そう!ってやったらあまりうまくいかなくて…。

レペゼン:
制作の方はどうだったんですか?

DJ WATARAI
そのくらいから、なぜか制作の仕事も激減して…めっちゃ暇になっちゃって。ここから1年くらい開き直って遊びまくっていました。

レペゼン:
どうやって乗り越えられたんですか?

DJ WATARAI
またHARLEMに金曜日入らない?って誘ってもらって、DJの仕事も徐々に増えていきました。

RHYMESTERの制作をやったくらいからまた制作も増えて、DJの現場も増えて、41歳で結婚!さらに子供が生まれたって感じですね。

レペゼン:
結婚式はされたんですか?

DJ WATARAI
二次会はHARLEMでしました。嫁がやりたいって言って。

俺は職場だから嫌だったんだけどね。笑

レペゼン:
確かに。笑 最近はグラフは上がってきて、いい感じっていうことですね!

DJ WATARAI
そうですね。

 

今はクラブに行けば当たり前にヒップホップが流れているが、クラブでヒップホップをかけられなかった時代から、その土壌を築いてきた人の懐は深い。

時代に左右されるようなマイナスな出来事も「どこかにプラスな要素がある」と笑顔で語ってくれた。シーンが盛り上がる背後には、やっぱりこんな人がいたのだ。

次回以降はDJの技術や今後のストリートシーンへの希望を語ってもらった。乞うご期待。

…続く。

▼DJ WATARAI
Instagram:djwatarai

Interview:ABE HONOKA
Writer:中崎史菜

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

 

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG