Interview

2018.5.16 Wed

TAG : 

渋谷で一番現場に立つ男/MC BULLインタビュー①

年間300本以上のイベント出演

FacebookTwitterLine

渋谷のクラブで年間300本以上のイベントにMCとして出演。渋谷で一番マイクを握る男、BULL。彼の声で盛り上がり、アツい夜を過ごした客は100万人を超える。

今回のレペゼンインタビューは全6回にわたって、現場で一番の男、BULLにしか感じることのできないストリートの現場への思いから、ラッパー・MCとして活動を始めたきっかけ、影響を受けた人物、はたまたストリートで”稼ぐ”ことの真髄などに迫る。

渋谷界隈のあなたはもちろん、将来ヒップホップやストリートシーンで活躍したいと夢見るあなたは必見。

レペゼン:
まずは自己紹介をよろしくお願いいたします。

BULL:
BULL(ブル)です。

READ ALL

レペゼンは東京、青山です。今住んでいるのも青山です。血液型はO型。生年月日は1986年3月28日です。LADY GAGA(レディー・ガガ)と一緒です。笑 足のサイズは27.5cmです。利き手は右手。

好きな食べ物は、最近気付いたんですけど、ホタルイカです。笑 最近わかったんですよ。今まで好きな食べ物を聞かれたらもやしって答えてたんですけどね。笑

嫌いな食べ物はネギ、ピーマン、ニラ、あと残念ながらセロリ。笑 匂いがキツい系ですね。

座右の銘は「無駄遣い」です。

レペゼン:
無駄遣い…こちらは後ほど詳しくお伺いします。笑

まず”BULL”と言う名前の由来はなんですか?

BULL:
名字が古川なんですけど、はじめは”フル”って呼ばれてたんですけど、先輩に韻が踏みやすいだろうってことで、濁点をつけていただいて、”ブル”になりました。ちなみに本名は古川勇也です。

レペゼン:
なるほど。これはみんな意外と知らないんじゃ無いかなー。

では次に、職業を教えてください。

BULL:
MCもできるラッパーです。MCの割合の方が多いけど。

レペゼン:
MCとしては渋谷で一番現場に立っていらっしゃるんですよね?

BULL:
そうです。ありがたいことに。渋谷で一番です。笑

レペゼン:
一番って、どれぐらい現場に立っているんですか?レギュラーで入られているイベントを教えてください!

BULL:
月曜日は「R-Lounge
火曜日は「ATOM
水曜日は「Abema Mixと「CAMELOT
木曜日が「HARLEMの「ECLECTIQUEとか「TK TOKYOとか。
金曜日が「WREPラジオと「CAMELOT」。
土曜日は、第2土曜日が自分がやってます「VUENOSの「TRAVIS
第4土曜日がDJ CELORYさんの「BON VOYAGE
第1土曜日は「SIX TOKYOで、第3土曜日は空けてます。

その第3土曜を使って地方のクラブとかに遊びに行ったりしてるんだよね。呼ばれる前に行こうかなみたいな。そして日曜日は「ATOM

レペゼン:
休みが無いじゃないですか!

BULL:
そうですねー。制作もあるから、ちょっと抑えようかなーって思うときもあるけど。

ちなみに木曜日はスタジオの日で、曲作るのに当ててます。ちなみに月曜日と火曜日の夕方はラップスクールでラップ教えてます。

レペゼン:
ラップスクールもやってるんですね!誰に教えてるんですか?

BULL:
「avex」の契約生と、習いに来てる人。みんな15歳とかです。

韻っていうのはこうやってやるんですよーとか。まあ、「ラップは教えるもんじゃないよ」ってのはまず教えましたけど!!

自分でしか書けない曲を書くんだよっていう話をして。

そこの生徒たちがよく聞いてるのはK-POPとかで、全員ZEEBRAさんを知らなかったからね。このカルチャーショックはでかい。

「ラップ教わりたいです!」って来てて、ZEEBRA知らないんかい!みたいな。笑 でももうしょうがないんだよね。そっから教えなきゃいけない。

レペゼン:
でもそう言う世代が、これからを作っていくって言うことですもんねー。今後のヒップホップシーンも楽しみですね。

…続く

BULL
Instagram
bullmatic

 日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG