Interview

2019.6.10 Mon

TAG : 

ストリートシーンについて感じること/ACE インタビュー⑥

「自分自身を尊敬する」

FacebookTwitterLine

ACE:
メディアに出ないでそれぞれにやってる分には、自分が思うがままに自由にやっていれば良いかなと思います。

レペゼン:
否定や批判をする側も巡り巡って、結局自分の足を引っ張ってると。

READ ALL

ACE:
そう。

メディアに出てヒップホップが大きくなればなる程、アンダーグラウンドのカルチャーも大きくなっていく訳だから、お互いに支え合っていかないとダメだと思います。

レペゼン:
なるほど、両方があってのヒップホップカルチャーですもんね。

ACE:
そのメディアに出ている奴を、テレビに映らないMCバトルの大会で倒して、自分の名前を上げたりとか上手いやり方は色々あると思うので、中途半端な事はやらないで欲しいなって。

レペゼン:
なるほど。

ACE:
今まで日本でヒップホップが、なぜ受け入れられなかったのか。偉大な先輩たちが武道館でやったりとかすごく良い所まで行ってるのに、その先輩たちですらなぜできなかったのかって、理由は明白に見えてる。

それが今言ったような事だと思います。日本って国においてはですけど。

レペゼン:
そういうことですね。

ACE:
アメリカとかだと関係ないし、ブラジルでも関係ないけど、日本でやる以上はウダウダ言わずに黙って中途半端な事はやるなよって。

レペゼン:
この国でヒップホップを一般的にするには覚悟がいる。そういうことですね。

ストリートで稼いでいくために必要な事はなんだと思いますか?

ACE:
繋がりじゃないですか?

あとは、その繋がりに対する「誠実さ」や「信頼」ってのを大切にすること。やっぱりそれは必要だと思います。

レペゼン:
なるほど。

ACE:
それでもって、あとは”自分自身を尊敬する”ってことですね。アーティストとして、自分をしっかりとプレゼン出来るかってとこですね。

レペゼン:
なるほど、「自分自身を尊敬する」ですか。序盤でもおっしゃてましたね。

ACE:
「繋がり」とだけ聞くと、友達同士のゆるい関係もあるかもしれない。

でもそうじゃなくて、「自分の歌にはこれだけの価値がある」って知らしめた上で、しっかりとその価値を認めてくれる人を周りに増やして行くって作業が必要なんじゃないですかね。

レペゼン:
なるほど!!”真の繋がり”ってそういうことなんですね!

レペゼン:
今後はどんな動きをしていきますか?

ACE:
右、左、上、下、横、後ろ、斜めと縦横無尽に動いていきます!

レペゼン:
笑。

イベント、バトル、ラップスクール、映画、ナレーション、とにかく色々やっていくってことですか?

ACE:
そんなとこです。

レペゼン:
なるほど。

今後の野望や夢はありますか?

ACE:
世界征服。あと夢は、美人1万人を集めてPVを撮りたいです。ずっと前から言ってるんですけど。

レペゼン:
エロい曲になるんですか?

ACE:
エロい曲じゃなくて良いんですよ。むしろ政治の事とか歌ってる曲で良い。

真面目な歌をビキニの女の子1万人の前でってのをやりたいですね。

レペゼン:
それ面白そうですね。笑

最後に!ACEさんが日本のヒップホップ界で活動するに置いて、座右の銘というか、大切にしている考え方はありますか?

ACE:
「ヒップホップは一日にしてならず」

レペゼン:
なるほど。

だからこそ、いろんな活動を、コツコツやってるってことですね。

ACE:
そうですね。例えばですけど、レペゼンのメディアでも、ウェブマガジンとして情報を乗せるだけではなくて、イベントを開いてそこで何かをできるかもできるかもしれない。

あとは、ヒップホップ界隈の仲間を集めてみんなでゴミ拾いとかやっても社会には”想い”を提示できるわけですよね。

みんなが、何かしら少しずつ仕掛けていくことで、日本でのヒップホップがもっと広がっていくんだと思います。

レペゼン:
本当にその通りだと思います。我々もその想いを大切にして、コツコツ仕掛けていきます!

告知はありますか?

ACE:
2019年10月4日に川崎クラブチッタでアドレナリンファイナルがあります!見逃せないバトルしかないですし、平成生まれのイベントで平成も終わったんで、MCバトルを終わらせに来ました。笑

これやったら終わりでしょ!ってメンツで挑むのでよろしくお願いします。あとは、渋谷サイファー祭も来年も2020年3月18日にやるので、是非みなさん予定を空けて、仕事も休んで下さい!笑

レペゼン:
どちらもすごく楽しみですね!

ACE:
是非来てください!

あとは年内に自分のアルバムやシングルなど、いくつかリリースするので、そちらも是非よろしくお願いします!

レペゼン:
これからのACEさんの活動、ますます楽しみにしています!本日はありがとうございました!

 

古くからのヘッズたちは、ヒップホップがアンダーグラウンドであり続けることを望むかもしれない。確かに現場でしか味わうことのできないアンダーグララウンドは楽しいし、守るべきだ。

しかしながらACEの言葉から確信したのは、ヒップホップにメジャーの要素が入っても、アンダーグラウンドは崩れることはないということ。むしろ、メジャーの要素が増えれば増えるほど、アンダーグラウンドも相まって勢いを増すことだろう。

”本物”はメジャーであってもアンダーグラウンドであっても必ず残る。ではどうやって”本物”を生み出すか。「活動し続けること」がその答えの一つかもしれない。

▼ACE
Instagram:ace_a.c.e

Interview:ABE HONOKA

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG