Interview

2018.11.8 Thu

TAG : 

渋谷の夜を20年間守り続けて生きた男/Club Bar FAMILY店長 高山泰史①

自己紹介だけで分かる音楽の知識量

FacebookTwitterLine

EASTEND(イースト・エンド)、RHYMESTAR(ライムスター)、KICK THE CAN CREW(キック・ザ・カンクルー)、Mellow Yellow(メロー・イエロー)、RIP SLYME(リップ・スライム)・・・名前をあげ出せばキリがないが、今やスターの彼らも必ず魂を焦がすのはライブだ。レペゼンインタビュー第12
回目の今回は、そんなライブや出演するアーティストを支え、渋谷の夜を守り続けて生きた男、高山泰史(たかやま やすふみ)にフォーカス。Club Bar FAMILYで20年間務めた彼が見てきた、渋谷のストリートシーンの今と昔とは。

レペゼン:
まずは自己紹介をよろしくお願いします。

READ ALL

高山さん:
Club Bar FAMILY(クラブ・バー・ファミリー)の高山と申します。あだ名とかはなくて、高山さんと呼べれることが多いかな。出身は東京の上野の方の湯島です。一時期神奈川に越してたこともあったんだけど、今はまた湯島住んでます。住みやすいです。ヒップホップの子達って、地元レペゼンっていうのが多いけど、湯島はそういうのがなくて。地元にそういう知り合いはいなかったね。

レペゼン:
なるほど。確かに、「レペゼンは湯島!」っていうのは聞いたことないかもしれません。笑
利き手と足のサイズを教えてください。

高山さん:
利き手は投げるのは左だけど書くのは右。

レペゼン:
すごい。器用ですね!

高山さん:
無理やり直されたっぽいんだよね。もともとは全部左でやってたはずなんだけど、右にしなさいって言われて。サッカーとかの蹴るのも右だねー。足のサイズは26.5cmです。8ハーフだね。

レペゼン:
血液型は?

高山さん:
O型です。あ、実はDJもTKYMって名前でずっと続けてて。O型らしくマイペースにミックステープ・CDは何枚か出させてもらってます。そんなんで、いろんな形のパーティーに携わってます。

レペゼン:
好きな楽曲・音楽ジャンルは何ですか?

高山さん:
俺が一番好きなジャンルは80年代後半から90年代中盤にいわゆる”クラブで踊れるジャズ”を提唱していたアシッド・ジャズっていう分野です。

レペゼン:
へーすごい!ディープですねー!!てっきりヒップホップが一番なのかと思いました!!

高山さん:
ヒップホップのハコの店長やってるけど、僕自身はバンド系のサウンドが好きでよく聞いてて。最近、海外アーティストが日本にくる時、バンド編成で来たりするでしょ?あんな感じのやつ!

レペゼン:
かっこいいですよね!

高山さん:
DJセット好きっていうヒップホップファンからすると、バンドセットとかはあまり馴染みのない人もいるかもね。

レペゼン:
なるほど。ヒップホップと言ってもいろんな種類がありますもんね!いろんな色が出てて、どちらもいいですよね。最近よく聴く楽曲は何ですか?

高山さん:
最近はBrasstracks(ブラストラックス)、FKJ(エフケージェイ)、Jorja Smith(ジョルジャ・スミス)とかは良く聞いてるかな。新譜とかでも、ゆるーい感じが好き。あとは、もともとアシッド・ジャズが好きだから、バンド系の音とか、インストで現行ジャズファンクでっていうのも多いかな。

レペゼン:
正直追いついていないので、ディグってみます。

高山さん:
あとは日本のレーベルで、Ovall(オーバル)って言うバンドが所属している、origami PRODUCTIONS(オリガミプロダクション)や、SWEET SOUL RECORDS(スウィートソウルレコード)とかが発信してる音楽も良く聞いてます。SWEET SOUL RECORDSのNAO YOSHIOKAってわかる?

レペゼン:
知らないです。。。

高山さん:
ニューヨークのアポロ・シアターで活躍してて日本に帰ってきて、また拠点向こうに移してるアーティストなんだけど。SWEET SOUL RECORDSは、海外の生音系、今でいうネオ・ソウルみたいなものをやってるアーティストを掘り起こして、日本でリリースさせてるところ。SOLOMONS GARDEN(ソロモンズ・ガーデン)っていうアーティストがいて、その二枚目のアルバムがすごくよかった。THE INTERNET(ジ・インターネット)に近いかも。あ、インターネットもよく聴くね。

レペゼン:
知識量すごすぎます。。。!!!

…続く。

▼高山泰史(たかやま やすふみ)
Instagram:dj.tkym
▼Club Bar FAMILY
Instagram:family_1996

Interview:ABE HONOKA
Writer:中崎史菜

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG