Interview

2020.1.9 Thu

TAG : 

レペゼンインタビュー:ボディケアTEFUTEFU 「疲れてる奴はだいたい友達」

現場の仕事は自分で取りに行く。ボディケアのてふてふさんのストリートドリーム。

FacebookTwitterLine

インタビューを終えたところで、おもむろに折りたたみベッドを開くと、「取材班もどうぞ」と施術をしてくれたTEFUTEFUこと新沼智行。
施術後に感じる体の変化には「気持ち良い〜」という癒しよりも、「何が起きたんですか?」という驚きだった。

READ ALL

後編はボディケアをする彼がストリートをどう捉え、何を思い活動するか、その内面に迫る。
我々が思っている以上にストリートは広い。ボディケアからもストリートドリームは叶えられる。その一片を彼の人生に見つけた。

前編を読む→

音楽について

レペゼン:
後編の初めは音楽について聞いていきたいと思います。最近の好きな楽曲はなんですか?

TEFUTEFU:
ジャパニーズマゲニーズの『REAL STONER』かな。

レペゼン:
良い曲ですよねー!!

TEFUTEFU:
この前、彼らがライブで新潟に来た時に、ブース出してマゲニーズの2人を施術したんですよ。
そしたらみんなの前で、「ここに来る皆はジャンキーだろうし、ジャンキーは体ガチガチだからTEFUTEFUにほぐしてもらえ!あいつはジャンキーの味方だから!」って言われて。笑

レペゼン:
さすが、面白いですね。笑

TEFUTEFU:
ジャンキーの味方ではないですね笑

レペゼン:
そうなってくるとちょっと意味合い変わってきますもんねwww
ちなみに今日聴いて来た曲はなんですか?

TEFUTEFU:
今日聴いて来たのはOZworld a.k.a. R’kuma(オズワルド a.k.a. レオクマ)の『畳 -Tatami-』ですね。

レペゼン:
おおー!新しいやつしっかりと追ってるんですね!!仕事の前に聴く曲とかはありますか?

TEFUTEFU:
ライブの現場に行く前に必ず聴くのは、『I REP』かな。

レペゼン:
おおー!いいですね!!その3人共ケアしたことあるんですか??

TEFUTEFU:
KREVA(クレバ)さんだけまだケアしてないんだよなぁ!なんか3人で歌ってる曲のライブにブース出したら、3人共ケアしたい!っていう目安があるんですよ。

レペゼン:
確かにコンプリートしたくなりますね!!

TEFUTEFU:
だからフリースタイルダンジョンのモンスターも全員ケアしたいとか思いますし!!

レペゼン:
おお!全員行けたらすごいですよね!!

TEFUTEFU:
でもKREVAさんは繋がらないなぁ。もう決まった専属の人がいそうじゃないですか?

レペゼン:
確かにどなたかいる可能性はありますよね…

TEFUTEFU:
バンドマンも名前出てるような人たちは、もう専属トレーナーがいますからね。自分の友達でバンドマンを専属でずっとケアしてる奴がいるんですけど、そのバンドが売れてるから今月は3日しか休みがないって言ってましたね。

レペゼン:
うわー…専属も大変ですね…仲の良いDJはいますか?

TEFUTEFU:
仲の良いDJは…Creepy Nuts(クリーピーナッツ)の松永じゃないかな。

レペゼン:
なるほど、松永さん。良く現場で一緒になるアーティストは誰ですか?

TEFUTEFU:
それもCreepy Nuts(クリーピー・ナッツ)ですね。新潟来たら必ず施術をやってるので。最初松永と知り合ったのが、Hilcrhyme(ヒルクライム)のTOCのバックDJやってた時かな。2人とも新潟出身だから。

レペゼン:
長い付き合いなんですね!!

ラッパー、DJの「からだあるある」

レペゼン:
「ラッパーの体あるある」って何かありますか?

TEFUTEFU:
ラッパーの体あるあるかー…面白い質問ですね。笑
やっぱり暴飲暴食でしょ。笑

レペゼン:
それって、体を触って分かるものなんですか?

TEFUTEFU:
分かりますよ!!。日本のラッパーの中で間違いなく1番体が硬いのはサ上くん(サイプレス上野)。笑

レペゼン:
そうなんですねwww

TEFUTEFU:
間違いなく飲みすぎですね。笑
サ上くんを越える人はまだいないんじゃないかな。

レペゼン:
お酒を飲むと体のどこが硬くなるんですか?

TEFUTEFU:
胃の疲れって肺の裏側とかが硬くなるんですよ。食事の時間の不規則さ、暴飲暴食、噛まないで食べる、早食いとかはやっぱり良くないんですよね。

レペゼン:
やっぱり基本的な事が大切なんですね。
次は「DJの体あるある」はありますか?笑

TEFUTEFU:
それはやっぱり指の疲れじゃないですか?。でもDJの中で1人だけ要望が違うのがDJ 松永。

レペゼン:
お、松永さん。それはどう違うんですか?

TEFUTEFU:
脚を上げやすくして欲しいって。笑
あとは体をひねりやすくしてほしいって言われますね。

レペゼン:
DMCのセットでも足をあげたり、回転したりしてますもんね!

ストリート流TEFUTEFUの仕事の流儀

レペゼン:
フェスなどの仕事は誰かの紹介でやられているんですか?

TEFUTEFU:
いや、違うんですよ。ほとんど自分からアプローチしますね。例えばサマボムだったら、立ち読みでサマボムを知って、こんなのあるんだって思って、営業メールを送りました。

レペゼン:
えええ!!そこからなんですね!!行動力がすごいです。

TEFUTEFU:
メールを送ったらZEEBRAさんの事務所を紹介してくれて、そこと連絡を取り合ってって感じですね。

レペゼン:
なるほど。

TEFUTEFU:
どんな仕事でも、初めは基本自分で営業してますね。

レペゼン:
でもそれでちゃんともらえるってのがすごいですね。信頼があるんですね。

TEFUTEFU:
でも、メールの返信なんて全然返ってこないですよ。今でようやく100通送って30通返信が来るぐらいです。後の7割は返信もないです…

レペゼン:
なかなか厳しいですね。

TEFUTEFU:
参加したフェスや担当したアーティストの実績を書くようになってから、少しずつ返信率が増えて来たけど、でも独立当初は9割ぐらいが無視でしたからね。

レペゼン:
でも、その無視の割合が最初は9割ぐらい無視だったのが8割になって、7割になってって感じで減ってきたんですよね?

TEFUTEFU:
そうですね。少しずつ返信くれる人が増えてますね。それに、返信くれたら、なんとかできますって言えるときもあるんですよね。

レペゼン:
そうやって少しずつ、でも力強く、仕事を掴み取っているんですね。すごいです。

ヒップホップシーンについて

レペゼン:
今のヒップホップシーンをどう思いますか?

TEFUTEFU:
悪い人がいなくなったっていう感じがしてます。

レペゼン:
なるほど。

TEFUTEFU:
だから、たぶんクラブもピリッとしない感じがしますよね。昔の方が面倒臭いけど、ピリッと締りがあった気がしますね。そういう人たちがいたから、ある程度の限度は越えなかったんだよなー。

レペゼン:
すごく分かります。

TEFUTEFU:
でも平和にはなりましたよね。喧嘩とかすごいベロベロになって潰れる奴とかも減った気がします。

レペゼン:
それもあんまり見かけなくなりましたね。

TEFUTEFU:
地方でもあんまりいない気がしますね。飲酒運転が厳しくなったからってのもあるかもしれないですけど。

レペゼン:
なるほど。確かにそれはありそうですね。

TEFUTEFU:
良くも悪くも平和になりましたね。体の事に気を遣うようになって、皆ヘルシーになったという意味では最高ですね。笑

レペゼン:
確かに。笑

TEFUTEFU:
それでいうと、ライブに向けての準備の仕方がロックバンドとヒップホップで全然違うので面白いですよ。

レペゼン:
そうなんですか?どう違うんですか?

TEFUTEFU:
バンドマンでライブ前に酒飲むって人はほとんどいないと思いますね。会場入りしてからのライブまでのスケジュールが違うからだと思うんですけど。ヒップホップは入ってリハしてから自分の番まで飲みに出るでしょ?体に悪い物をちょっと入れてからライブしますもんね?笑

レペゼン:
喉の事考えたら本当は良くないですよね。笑
ラッパーとバンドマンって体も違ったりするんですか?

TEFUTEFU:
とはいえ体はバンドマンの方がボロボロですね。ハイエースで機材もメンバーもギッチギチの状態で移動して来て、ライブして、朝まで打ち上げして、また移動だから。けっこうキツいと思いますねー。

ストリートの定義について

レペゼン:
ストリートの定義はなんだと思いますか?

TEFUTEFU:
「1度関わった人は大事にする。」ですかね。

レペゼン:
なるほど。

TEFUTEFU:
何かでSALU(サル)君が言ってたんですけど、偶然出会ったカメラマンにビルの屋上で写真を撮ってもらったみたいな話で、ストリートで出会ったから、ストリートでお返しをするって。

レペゼン:
カッコいいですね。

TEFUTEFU:
自分もそういう思いで、アーティストの体に還元して行きたいと思ってます!

アーティストに気をつけ欲しい事

レペゼン:
最後にアーティストに気を付けて欲しい”体の事”はありますか?

TEFUTEFU:
「飲み過ぎないで!」って。笑

レペゼン:
やっぱり飲み過ぎは良くないんですね。笑

TEFUTEFU:
そうですね。最近「ニートTOKYO」でジメサギ(JINMENUSAGI)が白湯を持ち込んでるっていう話があるんですけど。それでいて、もちろんライブ最高なんで、皆さんにも見習って欲しいですね。

レペゼン:
おー確かに、それでパフォーマンス上がるのであれば最高ですもんね!

TEFUTEFU:
ライブ前のケアって別に疲れを取るためじゃなくて、声の準備だから。みんなにセルフケアが広まってくれたら最高ですね。

今後の動き

レペゼン:
今後どんな動きをしていきますか?

TEFUTEFU:
ヒップホップ界隈でケアできるところをもっと広めたいかな。

レペゼン:
弟子を持つ予定はないんですか?

TEFUTEFU:
バンドマンのケアをしてる人には、そこを目指してる若い子たちからすごいDMが来るらしいんだけど、ヒップホップは全然来ないんですよね。笑

レペゼン:
そうなんですか…なんかイメージ湧かないんですかねー…

TEFUTEFU:
怖いのかな?笑
そのイメージを変えたいですよね。

レペゼン:
そうなるといいですよね!!

TEFUTEFU:
バンドマンって地上波で見られるってのも大きいとは思うんですけど。

レペゼン:
やっぱりテレビの影響力は強いんですね。ヒップホップは地上波じゃなかなか見れないですもんね。

TEFUTEFU:
あとは、ラッパーのケアしてるって奴にもほとんど会った事ないですね。般若さんはいつも同じ人にやってもらってるとか、そういう話は聞いたことあるけど。

レペゼン:
なるほど。

TEFUTEFU:
降谷建志さんとお話しした時に「俺も下の子たちが憧れる存在になりたい」って伝えたら、「まずお前が1つ成功例を作れ」って言われたんですよね。

レペゼン:
かっこいい一言ですね。

TEFUTEFU:
成功例がなければあこがれる奴も真似する奴も出てこないからって。

レペゼン:
確かに。でも、TEFUTEFUさんならすぐにそんな風になるんだと思います!!

夢・野望

レペゼン:
少し似た質問になるんですが、野望や夢はありますか?

TEFUTEFU:
甲本ヒロトをケアしたいですね。

レペゼン:
おーなるほど!

TEFUTEFU:
この間フェスで一緒の現場には居たけど、喋れなかったんです…

レペゼン:
オーラやばそうですね。

TEFUTEFU:
すぐ後ろを歩いて、においだけ嗅ぎました。笑

レペゼン:
気持ちはわかります。笑

TEFUTEFU:
「お疲れ様です」も言えなかったもんなぁ…甲本ヒロトは本当にいつかケアしたいです。

レペゼン:
他には誰かいますか?ラッパーとかはどうですか?

TEFUTEFU:
ラッパーだとAK-69さんとかやってみたいですね。もう決まったトレーナーがいるだろうけど。

レペゼン:
確かにいそうな感じもしますよね。

TEFUTEFU:
あとはやっぱりKREVAさん、RHYMESTER(ライムスター)かなー。あとはNORIKIYO(ノリキヨ)さんも何回も一緒になった事あるけど、受けてもらった事ないからなぁ。

レペゼン:
そのパターンは悔しいですね!

座右の銘

レペゼン:
座右の銘はありますか?

TEFUTEFU:
「疲れてる奴はだいたい友達」です。

レペゼン:
それ面白いです!笑
最高なパンチラインですね。笑

TEFUTEFU:
実はZEEBRAさんに、「サンプリングして使わせてもらってます」って言ったことあるんですよ!

レペゼン:
なんて言われました?

TEFUTEFU:
鼻で笑ってました。笑

レペゼン:
www
最後に読者に向けて言いたいことはありますか?

TEFUTEFU:
インスタやってるんでラッパーのケアに興味がある人がいれば、是非フォローよろしくお願いします!
みんなバンドマンに憧れるけど、ラッパーは怖くないよっていうところもわかってもらえると思います!笑

レペゼン:
そうですね!ラッパーは怖くないです!笑
インタビューは以上です。今日はありがとうございました!

ヒップホップの現場でボディケアを行う職人は、まだまだ少ないという。
もちろん、そこを目指す人がどんどん出てくる世界になって欲しいが、となるとTEFUTEFUこと新沼智行が、日本のラッパーやDJの体を一番知る男であることはどうやら間違いなさそうだ。

ヒップホップを取り巻くアーティストの体を知る彼からしか見えないストリートがそこにはあるのだ。

思い切って彼に弟子入り志願のDMを送る同士が出てくることを祈る。

前編を読む→

TEFUTEFU Instagram:tefu_numa

Interview by : abe_honoka
Special thanks:gucci_the_freak

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG