Interview

2021.3.1 Mon

KMが考える「ストリートの定義」、夢、野望/音楽プロデューサー:KMインタビュー⑥

現場の空間を支配し、世界を変えていくバイブス

FacebookTwitterLine

レペゼン:
ストリートの定義はなんだと思いますか?

KM:
定義って言うと身構えちゃいますけども。僕の中でのストリートは、西麻布とか六本木の、「あの雰囲気」。。
もうこれ、詳細言えないの分かって貰えると思うんですけど(笑)

レペゼン:
西麻布のMUSE(ミューズ)でレジデントした時ですね。笑READ ALL

KM:
DJ SHUNSUKEさんやDJ TAKA、O-MEANくんとかと、マジで上がって行くぞって気持ちでやってましたね。テキーラの力なんかもだいぶ借りて。
その時は「マジで世界を変える、音楽シーン変える」って気合いでプレイしてるから。

レペゼン:
それぐらい気合いの入ったDJ良いですね!もてなす側が本気じゃないとお客さんも盛り上げられないですからね。

KM:
実際はいくら俺らがそこで頑張っても世界なんて変わらないんですけどね。笑
でも、その空間を支配するのってDJのバイブスだったり気合いがほとんどだと思ってて、
その空間を支配してるってことは、その一瞬だけ、世界を変えてるってことなんですよね。

レペゼン:
間違いないと思います。

KM:
説明が難しいけど、あの熱狂とか、一晩のグルーヴはストリートだった
Nas(ナズ)の「The World Is Yours」みたいな。

レペゼン:
自分のやりたい事を遂行してる時は何人たりとも俺の邪魔は出来ない、させないぞっていう心意気やバイブスですよね。自分に自信がないと出来ない事ですよね。

KM:
そういう熱狂が各クラブである事だし、そう考えるとクラブってやっぱりすごいなって思います。今はコロナで皆そういうバイブスに触れられていないと思いますけど、クラブは爆発力があるしパワーが集まってる場所ですよね。

レペゼン:
そうですね。コロナが落ち着いてまた皆がそういったバイブスに触れられるようになると良いですね。
今後は、どんな動きをしていきますか?

KM:
自分名義のアルバムが出ますね。これ2年ぐらい前から言ってるんですけどやっと出ます、たぶん。笑

レペゼン:
良いタイミングですね。

KM:
GQのインタビューのエンディングに使われたりしてるLEX(レックス)との曲がアルバムに入ったりします。あと言えないですけど、J-POPの色んな人達のプロデュースもやってます。

レペゼン:
なんかJ-POPで言えない人達って聞くとすごそうですね。

KM:
もしかしたらJ-POP変わるかもって、毎日作ってます。
楽しみです。僕だけじゃなく皆楽しいと思います。

レペゼン:
夢がありますよね。オーバーグラウンドでもそういう仕事をするってのは、皆の期待も背負ってるって事ですもんね。

KM:
せっかく手を上げ続けて今チャンスを音楽業界が与えてくれてるから、歴史に失礼のないように、かつ悔いのないように音作りをしていきたいですね。
日本語ラップが今まで積み重ねてきたシーンをヒップホップ聴いてないプロデューサーに壊されたくないじゃないですか。だったら自分がそれをやりたいと思ってます。

レペゼン:
すごい分かります。

KM:
僕は自信を持って日本語ラップを聴いてきたって言えるし、日本のラップシーンのためにどんどん広げていきたいって気持ちがあります。それはリスペクトを欠いてるとかじゃなくて、むしろこれがリスペクトだと思ってます。

レペゼン:
ずっとこのままでも何も進化はしていかないですからね。

KM:
そうです。だから先人が作った音楽や磨いたスタイルも好きだけど、それと同じ物を作るんじゃなくてアップデートをしてもっと広げていきたいですね。売れるからってラップを取り入れても、はっきり言ってスベるだけだし、一瞬でこっちは見抜くので。ちゃんと理解してる人たちがヒップホップの枠を広げてってあげるいうのはやるべきだと思います。

レペゼン:
今ある物の後追いじゃなくて、自分なりのアレンジで可能性を広げて行くってのが念頭にあるんでしょうね。
壊し方も立て直し方も色々ありますからね。大切な事だと思います。
野望や夢はありますか?

KM:
野望はビルボードチャートに自分の曲を入れることです!

レペゼン:
是非見たいですね!!

KM:
K-POPが出来たから出来ると思います。
あとはやっぱり金持ちになりたいですね。 車で言うと、自分用にマスタングかNSX欲しいし。ミニ四駆じゃなくて 笑

レペゼン:
実寸大ですね!笑
ちなみに仕事で奥さんが管理してる部分とかもあるんですか?

KM:
経理は全部嫁がやってくれてます。あと実は嫁リリック書くんですよ。作詞家さんです。

レペゼン:
本当ですか?ヤバいですね!

KM:
僕がトラック作って嫁が仮歌歌って、そのままアイドルに提供みたいな事も増えて来てますね。
D.Y.T(ディー・ワイ・ティー)って二人組Vocalユニットがいるんですけど、この前提供した曲でフジテレビ出てました。

レペゼン:
家族で曲作りってのも良いですね。
座右の銘もしくは好きな言葉はありますか?

KM:
表現が難しいですけど、「こうなりたい」とか「これ欲しい」とか結果を期待するのを忘れるくらい、制作にのめり込んだ時に、気がついたら結果が付いて来た気がします。

レペゼン:
なるほど。

KM:
だから、自分の中に持ってる「集中力」が全てだと思ってます。ざっくりだけど。
SNSやってる時は、集中してない証拠ですからね、プロデューサーは。

レペゼン:
インスタ更新すると締め切りの催促くるらしいですね 笑

KM:
だからSNS、趣味の写真は最近あんまり上げていられないんですよね 笑
待たせてる人から絵文字送られて来たりすると、なんとも言えない雰囲気になります。

レペゼン:
最後に何か告知があればお願いします。

KM:
毎月第二土曜日にVISION(ヴィジョン)で「STEREO WAVE」ってイベントを開催してるので、良かったら遊びに来てください。

レペゼン:
先ほどのアルバムも出ますし、リリースも諸々とありますよね。

KM:
そうですね。制作中です。あとはまだ言えないプロジェクト、すごいのがいっぱいあるので楽しみにしていてください。今コロナで止まっちゃってるプロジェクトも多くて。

レペゼン:
楽しみです。
もし今後「KMさんのビートを買いたい!一緒に仕事がしたい!」という人は場合はどうしたら良いでしょうか?

KM:
やっぱりデモありきなんですけど、所属レーベルのMary Joy Recordings(メリー・ジョイ・レコーディングス)にデモとオファーを入れてもらうのが一番可能性がありますね。

レペゼン:
なるほど。

KM:
ただ不思議と僕らの周りって、尖った才能見つけるんですよ。サウンドクラウドで再生回数出してる子や、ちゃんとやってる人たちって、どこかで必ず繋がると思ってます。

レペゼン:
手を上げ続けていればシーンが見つけてくれるって事ですね。

KM:
そうですね。やり続けて欲しいですね。

レペゼン:
ちゃんと話が繋がってくるんですね!

レペゼン:
以上でインタビューは終わりとなります。本日はありがとうございました。

KM:
ありがとうございました。

 

 

目を疑うようなペースで制作を進める音楽プロデューサー、KM。
ヒップホップはもちろん、様々なジャンルからインスパイアを受け、先人の歴史と伝統をリスペクトしながらも、新しいものへ、より良いものへとアップデートしたいという強い想いが彼のモチベーションであり、信念であることが垣間見れた。
もちろん、彼の後を追いかけてきている若い世代にもしっかりとアンテナを張り、目を配り、戦国時代とも言えるこのシーンの中で「手を上げ続けているアーティスト」を探すことも怠らない。
ジャンルをまたいで躍進を続けるKMは、リスペクトを忘れず、誰よりも自身の制作と向き合い、そしてプロデューサーとしての責務を全うする人であった。

 

KM Instagramkmmusic_official

Interview by : bullmatic

日本のストリートをレペゼンしよう。

 

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG