Interview

2019.2.21 Thu

TAG : 

Ry-laxの歴史/ラッパーRy-lax②

人生グラフ

FacebookTwitterLine

レペゼン:
こういうのを書いてもらって、人生を振り返っていただきます。

Ry-lax:
やばい!!
(人生グラフ記入)

レペゼン:
では、早速聴いていきます。子供の頃はどんな子だったんですか?

READ ALL

Ry-lax:
まず、まあ、母親のあそこから生まれて来まして。笑
平凡に過ごしましたね。小学校はサッカーやってて、中学からバレーボールやってましたね。

レペゼン:
スポーツやってたんですね。ラップを始めたのはいつ頃からですか?

Ry-lax:
中学2年か、3年生ぐらいの時ですかね。それと同時に「Ry-lax」って名乗り出して。で、高校入ったら、部活やめてラップに専念してましたね。

レペゼン:
ラップを始めたきっかけはなんだったんですか?

Ry-lax:
中学の時に友達が教えてくれた「New Boyz」を聞いたときに、「何これかっこいい!」「こういうのアリなんだ」ってなって、ラップ始めましたね!
もちろんJAY-ZとかEMINEMとかも普通に聞いてたんですけど、まあ普通だったっていうか、「まじか!」ってなったのは、この時のNew Boyzでしたね。

レペゼン:
「New Boyz」がきっかけなんですね!なんか懐かしい感じがします…!その後、すぐグラフが下がってますけど…

Ry-lax:
高校一年でタバコと酒が見つかって停学くらいましたね。

レペゼン:
まじすか!どんな感じだったんですか?

Ry-lax:
いや、普通に停学喰らって、停学の後も、教室に閉じ込められて勉強させられてましたね。

レペゼン:
勉強させられてたとか辛そう…

Ry-lax:
春休みだったんで、みんなは校庭で部活やってる中、俺はもうひたすら座らされて…ケータイもさわれないし、先生に「これ終わらすまで帰さないぞ。」みたいに言われたりして。

レペゼン:
そんな感じなんですね…

Ry-lax:
極み付けは、先生に「お母さん、家でもケータイ取り上げてください!」なんて言われたりして!

レペゼン:
それは辛い!でもそれを乗り越えて、またグラフが上がってますね!

Ry-lax:
そうですね。そっからは、「こんなんじゃいかん。ラップもっとがんばろ!」ってなりましたね。

レペゼン:
なるほど。その後「高校生ラップ選手権」にも出場しましたよね?

Ry-lax:
そうですねー懐かしいっすね。今もう17回目とかですけど、俺が出た時まだ第3回とかでしたからね。あそこでは、いろんなラッパーと繋がれてよかったですね。

レペゼン:
フリースタイルは今でもやってるんですか?

Ry-lax:
全然やってないですね。フリースタイルやる時間あるなら、曲作りたいって感じですね。前向きなマインドで。

レペゼン:
なるほど。楽曲制作とフリースタイルでは違う脳みそ使いそうですもんね。その後、さらにグラフが上がってますね。

Ry-lax:
ミニアルバムとEPを18、19歳ぐらいんときに出して。んで、20歳ぐらいの時にBCDMGに入りました。

レペゼン:
BCDMGに入ったってことは、そこから東京にきたんですか?

Ry-lax:
いや、21歳までは北海道にいながら、BCDMGに所属してました。北海道でライブ活動しつつ、EPもう一つ出して、ミックステープも出したし。

レペゼン:
そうなんですね。その後、22歳といえば、「22vision」ですね?

Ry-lax:
そうですね。BCDMGにYo-Seaが入ってきてすぐに、Yo-Seaがフックを作った曲があって、誰が脚韻をいれる?ってなった時に声かけてもらって、「22vision」が完成しましたね。
ちょうど東京に引っ越す前で、原宿で買い物してた時に急に電話でDJ CHARIくんに呼び出されて「今スタジオいるんだけど」って。んで、スタジオ行って1時間ぐらいで書いた曲でしたね。

レペゼン:
そんなすぐできたんですね!

Ry-lax:
曲作ってタイトル決まってなかったんですけど、2人とも22歳だったのと、北海道と沖縄の2人が東京に来て感じるものを歌ってるってことで、22歳のvision…「22vision」でいいんじゃない!?って感じで決まりましたね。笑

レペゼン:
そんな感じで決まっていったんですね。でもとても名曲ですよね。
その後とうとう上京するんですね。

Ry-lax:
そのあとはソロで「IT’S ALIVE」っていうEPを出して、23歳になる時にとうとう上京して来ました。

レペゼン:
上京してどうですか?

Ry-lax:
いい感じっすね。ライブしたり、WREPのラジオパーソナリティをスタートして。RENE MARSくんと二人のEPも作れたし。

レペゼン:
グラフはどんどん上がってますね。

Ry-lax:
人生で落ちたのは停学の時ぐらいですかね。笑

…続く。

▼Ry-lax
Instagram:re_lax_bcdmg

Interview:ABE HONOKA
Writer:中崎史菜

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG