Event

2020.1.8 Wed

TAG : 

ストリートなイベント【東京】矢後直規展『婆娑羅』 自身初となる大型個展が開催決定!

ファンタジックなイメージの力を体験する作品やラフスケッチを多数展示!

FacebookTwitterLine

LAFORET GRAND BAZARやLAFORET PRIVATE PARTYなど、ラフォーレ原宿の広告を多数手がける気鋭のアートディレクター/グラフィックデザイナーの矢後直規(やごなおのり)。彼の初となる大型個展『婆娑羅(ばさら)』が、ラフォーレミュージアム原宿で開催される。会期は2020年2月22日~3月8日。

READ ALL

矢後直規は1986年静岡県生まれ。広告だけでなく、ビジュアル・ブックやCDジャケット、 写真家のブックデザインなどを手掛ける、いま注目のアートディレクター、グラフィックデザイナー。

個展名になっている『婆娑羅』は“華美で過剰な風体や振る舞いを良いとする美意識”という概念で、今回の個展においては“色彩、形、素材などさまざまな異色のものが過剰にぶつかり合う”という意味合いが込められている。新たに制作したビジュアルは、「馬(ba)」と「皿(sara)」を愛おしく抱えるジョッキーをモチーフに、モデルにはポカリスウェットの広告などで知られるモデルの八木莉可子を起用している。

また同展では、初公開となる作品やラフスケッチのほか、これまでに手掛けたさまざまな作品が個展のために再構築して展示。加えて、ラフォーレ原宿とともに約1年半かけて制作した作品も初披露される。

会期中には写真家の篠山紀信、瀧本幹也、奥山由之、伊藤佐智子などスペシャルゲストを招いたトークイベントも開催予定。

若きアート界をレペゼンする彼の作品をその目で見ては?

イベント名

矢後直規展『婆娑羅』

日時

2020年2月22日(土)~3月8日(日)OPEN 11:00~21:00(入場は20:30まで)

場所

ラフォーレミュージアム原宿 東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG