Event

2019.12.10 Tue

TAG : 

ストリートなイベント【東京】Once in Harlem 90年代当時のハーレムを捉えた写真家・内藤カツによる国内初の個展!

伊勢丹新宿店メンズ館2階”ART UP“にて開催!

FacebookTwitterLine

“ハーレム”と聞き、クラブやいやらしいことを考えたそこのあなた。今回紹介するのはアメリカの都市“ハーレム”の方だ。

1988年から約5年半の間、アメリカのハーレムに生活の拠点を置き、同地を撮影し続けた写真家・内藤カツ。その日本初個展『Once in Harlem(ワンスインハーレム)』が、東京の伊勢丹新宿店メンズ館2階のギャラリースペースART UP(アートアップ)で開催される。会期は12月11日(水)~12月31日(火)。

READ ALL

内藤カツは1983年に渡米。より刺激を求めて訪れたハーレムに魅了され、1988年から約5年半の間ハーレムに居住した。

ハーレムは20世紀に入り、アフリカ系アメリカ人の大移動の流れが起こり、多くのアフリカ系アメリカ人がハーレムにやってくるようになった場所。こうして、1920年代のハーレム・ルネサンスに象徴される黒人文化が長く花開いたのだ。

恐怖や緊張感と隣合わせの生活の中で、2年ほどかけて徐々にハーレムに住む人々、そして街に受け入れられ、1990年代はじめから中頃にかけて当時のハーレムそのものを撮影した写真集『Once in Harlem』を発売している。

今回の個展では『Once in Harlem』の中から9枚の写真をセレクトし、ネガフィルムで保管されたものを現像、焼き付けした写真作品に加え、同写真集を展示販売。また、セレクト写真をシルクスクリーンプリントしたカットソーも販売される。

同じコミュニティーの中で生活を共にした内藤カツだからこそ捉えられた”当時のハーレムそのもの”を感じることが出来る特別な機会。

ぜひ会場に足を運んでほしい。

イベント名

Once in Harlem(ワンスインハーレム)

日時

2019年12月11日(水)~12月31日(火) OPEN 10:30〜20:00

場所

伊勢丹新宿店メンズ館2階 ART UP 東京都新宿区新宿3-14-1

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG