Event

2019.11.10 Sun

TAG : 

ストリートなイベント【東京】GENERATION Z グラフィティアーティスト・フューチュラが日本で20年ぶりに個展開催!

神宮前・The Massにて開催!グラフィック界の重鎮のアート作品を目に焼きつけよ!

FacebookTwitterLine

1970年代のニューヨークで、名もなきアーティストたちが地下鉄構内や電車などに絵や文字を書いたことが発端とされるグラフィティ。その後キース・ヘリングやバスキアの出現で、グラフィティは“落書き”から“アート”へと変貌を遂げた。この転換期の立役者のひとり、フューチュラ(Futura)。

グラフィティアーティストのフューチュラによる個展『GENERATION Z(ジェネレーションゼット)』が、神宮前のギャラリーThe Mass(ザ・マス)で開催される。会期は11月16日(土)から12月15日(日)まで。

READ ALL

フューチュラは1955年ニューヨーク出身。1970年代後半にグラフィティアートに抽象的な要素を取り入れるという革新的なアプローチを行ったことで知られ、1980年代にはJean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)やKeith Haring(キース・へリング)、Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)とともにアートムーブメントの立役者として注目を集めた人物だ。

2000年代初頭には自身のアパレルブランド「FUTURA LABORATORIES(フューチュラ ラボラトリーズ)」をスタート。近年は「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」「COMME des GARCONS(コム デ ギャルソン)」「CHANEL(シャネル)」「NIKE(ナイキ)」など様々なブランドとのコラボレーションも展開している。

フューチュラが日本で個展を開催するのは約20年ぶり。会場では、日本滞在中に制作したコミッションワーク27点と4つの彫刻作品が展示される。また、フューチュラの息子で“13th Witness(サーティンスウィットネス)”の名で知られるフォトグラファーのティモシー・マクガーによる作品も展示予定。親子で合同展示を行うのは今回が初となる。

60歳を超えてなお創作意欲は衰えず、ストイックにアートと向き合い続けている彼が生み出す作品たち。芸術の秋はまだまだ終わらない。

“グラフィックアーティスト界のレペゼン”と言っても過言でない彼の個展に足を運んでみては?

イベント名

GENERATION Z(ジェネレーションゼット)

日時

2019年11月16日(土)〜12月15日(日) OPEN 12:00〜19:00
閉館日:火曜日・水曜日

場所

The Mass 東京都渋谷区神宮前5-11-1

日本のストリートレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG