Event

2019.9.4 Wed

TAG : 

ストリートなイベント【東京】西雄大個展『COMMA』

ストリートアートがルーツの個展!コンマ

FacebookTwitterLine

設立5年を記念しリニューアルオープンしたアートギャラリーVOILLD(ボイルド)。リニューアルオープン第一弾の企画展として、東京を拠点に活動を行うペインター、西雄大による新作個展『COMMA (コンマ)』が開催中。

READ ALL

『COMMA(コンマ)』と題された本展では、1秒に満たないゼロコンマ(一瞬)での理解への疑問をテーマに、新作の平面作品約20点をはじめ、初の試みとなる巨大な立体作品が並ぶ。

草花や動物、ユーモラスな人間を思わせるキャラクターなど、西らしいモチーフのセンスと潔い線、独特で鮮やかな色使いで変わらず構成されながらも、瞬発力が秘める可能性を突き詰め、よりエネルギッシュになった作品群が展示されている。

西雄大は1991年愛知県生まれ。京都精華大学2015年卒業。 
在学中からアーティストとしての活動をスタートし、現在は東京が拠点。 近年ではATELIAIR by NIKE(アトリエアバイナイキ)への参加やNepenthes New York(ネペンテスニューヨーク)での展示をはじめ、企業やブランドへの作品提供などもおこなう。作品制作を中心に精力的に個展の開催やグループ展へも参加をする傍、イラストレーションや自身のアートワークを使用したグッズ展開をおこなうなど、活躍の場は多岐にわたる。 

本展は西雄大にとっても約1年ぶり、そして2018年に開催された個展『Rainbow Cave(レインボーケイブ)』に続く、VOILLDでは四度目の待望の新作展だ。西雄大の作品は、シンプルに削ぎ落とされた力強い線、選び抜かれた色、既視感のあるモチーフやあるいはそれが変容し,独自の形態になった物によって構成される。それらは彼のルーツともなる80年代のアメリカンコミックやヒーロー、ストリートアートなどの影響を受けながら、自身の思考を通して表現されている。

さらに会場では、展示に合わせて制作されたVOILLDとのコラボレーションによる「ラグマット」、「ブランケット」、「Tシャツ」などのオリジナルアイテムも販売。また、リニューアルしたギャラリー内のショップでは加賀美健、magma、片岡メリヤスなど、多彩なアーティストによる限定アイテムやオリジナルアイテムを始め、貴重なアーカイブアイテムも展開する。

彼のストリートアートから刺激を受けた作品からあなたが刺激を受けよう。

イベント名

COMMA(コンマ)

日時

2019年8月31日(土)~10月13日(日) ※入場無料
開廊時間:水〜金 14:00~19:00 、土・日 12:00~18:00
休廊日:月、火、祭日

場所

VOILLD(ボイルド) 東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台 1F

日本のストリートをレペゼンしよう。

FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW