Event

2017.11.6 Mon

TAG : 

遂に発売。Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー) × Nike(ナイキ)。

FacebookTwitterLine

 

今年の初旬から、スニーカーヘッズの脳裏にひっついて離れない。
今年もいっぱい行けてるスニーカーは出たが、みんなこいつを待っていたのは間違いないし、
お金もこのために貯めてきた。
そう。Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)とNike(ナイキ)のコラボが遂に発売するのだ。

 

11月9日(木)から順次発売するというこの、世紀のコラボアイテム。
ここ日本においては11足のスニーカーが発売されることとなる。
11足あるから、絶対あなたに合う1足があるし、スニーカーヘッズはいかにして全種類揃えるかをそろそろ考え出した方が良さそうだ。

 

そして11足のNike(ナイキ)を代表するスニーカーをもう一度振り返るいい機会でもある。
スニーカーファンとしては、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)とのコラボを履いていて、その元となるモデルを知らないと恥ずかしいので、この際にもう一度振り返っておこう。

 

(以下、左写真がVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)とのコラボ、右写真が従来モデル。)

 

1、Air Jordan 1(エア・ジョーダン・ワン)

 

ご存知JORDAN BRAND(ジョーダン・ブランド)の初号機。
そのオリジナルは希少性が高く、転売市場ではありえないほど高い価格がつく、コレクター好みのスニーカー。
本コラボでは、その大まかなデザインは残しつつも、縫い目などのディティールをVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)風にアレンジしたものとなっている。

 

2、Air Max 90(エア・マックス・90)

 

Air Max(エア・マックス)シリーズの中でも、カラーリングが豊富にあり、一番履きやすく慣れ親しまれている1足。
本コラボでは、原作とアッパーの革パーツのカットが異なるため、似たようで異なるスニーカーのように見える。
原作に必ずある「AIR MAX」というアッパー外側の表記も本コラボでは取り払われる。

 

3、Air VaporMax(エア・ヴェイパー・マックス)

ニットスニーカーの人気の火付け役で、今年発売されたAir VaporMax(エア・ヴェイパー・マックス)は、すべてのモデルが即刻完売。
特にブラックは履きやすいため人気があり、ランニングシューズではあるが、街履きするスニーカーとして男女を問わず高い支持を集める。
本コラボは、ブラックのアッパーにホワイトのスウッシュが映える逸品。タグやシューレースにアクセントがあることで、より街履きが似合いそうだ。

 

4、Air Presto(エア・プレスト)

 

こちらもランニングシューズの一つとして人気の高いAir Presto(エア・プレスト)。
スポンジのようなアッパーが特徴のAir Presto(エア・プレスト)であるが、本コラボでは全く異なるアッパー素材を使用。
履き心地がどうか気になるところではあるが、とりあえず見た目はワイルドに仕上がっているから、買っても間違いなさそうだ。
Air Presto(エア・プレスト)のもう一つの特徴である、シューレースに繋がるシリコン部分も骨のように見えてなんともかっこいい。

 

5、Blazer(ブレイザー)

 

 

その実用性から、バスケットボールシューズとしても、テニスシューズとしても愛されているBlazer(ブレイザー)。
もちろんシンプルなつくりということもあり、街履き用スニーカーとしても重宝される、一家に一足的スニーカー。
スウッシュの始まる位置が低いという工夫だが、シンプルな中でも主張のつよい1足に仕上がった。

 

6、Air Force 1 Low(エア・フォース・ワン・ロウ)

 

 

今年、発売から35周年を迎え、その歴史を振り返るかのように新しいモデルを大量放出しているAir Force 1 (エア・フォース・ワン)。
その中でも愛用者の多いホワイトのローカット。ここから、一枚皮をはいで、裸にしたかのような表情が見える本コラボ。
Virgil (ヴァージル)の仕掛け一つで伝統的でオールドスクールな1足が、未来感漂う新しい1足になった。
35周年を祝うにぴったりな1足をぜひ。

 

7、React Hyperdunk(リアクト・ハイパーダンク)

 

その名の通りバスケットボールシューズとして、ボーラーに高い支持を得ているReact Hyperdunk(リアクト・ハイパーダンク)。
ニットに包まれたかのようなフィット感が売りのこのスニーカーに大胆にもマジックテープのベルトを搭載した。
透き通るようなクリーム色っぽいホワイトをまとったReact Hyperdunk(リアクト・ハイパーダンク)はいよいよ、バスケットボールコートの外で履かれることが多くなりそうだ。

 

8、Zoom Vaporfly(ズーム・ヴェイパーフライ)

 

 

つま先のあたりから大きくあしらわれているスウッシュが特徴的なランニングシューズ。
流線型で未来感溢れるこのZoom Vaporfly(ズーム・ヴェイパーフライ)がVirgil (ヴァージル)の手にかかると、より履きやすい逸品に早変わり。
いい意味でスポーティな感じを消した、ストリートのためのZoom Vaporfly(ズーム・ヴェイパーフライ)はこのコラボでしか味わえない。

 

9、Air Max 97(エア・マックス・97)

 

発売から20年を迎え、その20周年を祝うべく、リニューアルモデルがたくさん登場したAir Max 97(エア・マックス・97)。
同じようなデザインでも、スウッシュの位置と大きさが違うことで全くスニーカーに見えてしまう。
しかし、その特徴とも言える、ソールの全面に配置されたエアーはAir Max 97(エア・マックス・97)そのまま生かす。さすがVirgil (ヴァージル)である。

 

10、Air Max Plus(エア・マックス・プラス)

 

燃えたぎる炎のようなシリコン素材をアッパーにあしらっているAir Max Plus(エア・マックス・プラス)。
燃えたぎる炎の中に、ひっそりとたたずむスゥッシュ。その内なる炎がVirgil (ヴァージル)とのコラボによって、大きく顕在化。
そして少しスリムになった感じもする。Air Max Plus(エア・マックス・プラス)も注目である。

 

11、Air More Uptempo(エア・モア・アップテンポ)

 

大人気モアテンことAir More Uptempo(エア・モア・アップテンポ)。
大きく「AIR」とあしらったクラッシックバスケットボールシューズが、去年ごろからストリートの定番に帰り咲いた。
その人気は凄まじく、どのモデルも発売と同時に即完売。
本コラボでは、通常の「AIR」の代わりにOff-White™(オフ・ホワイト)の「OFF」を採用。
ソールまでその文字を浸透させないすっきりとしたデザインが新しい1足と仕上がっている。

 

 

あなたの好みの1足は見つかっただろうか??
そして、これを機に全11足を振り返ることができただろうか??

いわゆる”コラボ”の一線を大きく画した今回のコラボ。
Off-White™(オフ・ホワイト)、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)このながストリートに深く刻まれることになるのは、11月9日(木)だ。
発売場所など、抜け目がないようにしかりと詳細をチェックしてほしい。

 

日本のストリートをレペゼンしよう。

 

詳細をチェック

https://heads-rep.com/event/ai1ec_event-3611

 

 

FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG