Event

2017.5.26 Fri

レペゼン #27 「HERE TODAY, GONE TOMORROW」

FacebookTwitterLine
 
閑静な住宅が立ち並ぶ元麻布。
その一角の地下にあるギャラリー「Kaikai Kiki Gallery」。
ここで現在開催されているのが、MADSAKI氏の個展、「HERE TODAY, GONE TOMORROW」だ。
 
 
MADSAKI氏の最近の作品と言えば、グラフィティで挑発的な言葉を絵にした作品や世界的な名画を引用した作品が印象的だ。
とくに去年に開かれた「HICKORY DICORY DOCK」で披露された、政治家の肖像画を彼の独特タッチのグラフィティで描いた作品には見覚えのある人も多いだろう。
 
 
そんな彼の新たな個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」では、彼の妻のヌードが描かれている。
 
 
生で見る彼の作品は圧巻。
すごく近しい妻という存在を、丁寧にかつ大胆に描いてる。
そこには、愛を感じると同時に何か物悲しさのようなものも感じた。
 
 
この個展に寄せて、彼はこう語っている。

今回の新作の絵は、嫁さんの絵を中心に描いている。
何枚目かの嫁を描いている時、スタジオで涙が止まらなくなった。

無常。

今感じている愛や強い絆を永遠と思いたい。
でも、永遠、、、なんて絶対無くて
いつの日かガラガラと崩れてしまう。

きっと大地震が来たりして
きっと戦争が起こったりして
きっと、、、僕らがお互い心変わりしたりして

崩れていってしまうんだ。

 
 
いろいろな思いが込められたMADSAKI氏の個展「HERE TODAY, GONE TOMORROW」。
あなたも見に行ってみてはいかがだろうか。
 
 
「HERE TODAY, GONE TOMORROW」は元麻布のKaikai Kiki Galleryで6月15日まで開催されている(入場無料)。
詳しくはイベントページをチェック
 
日本のストリートをレペゼンしよう。
FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG