Event

2017.4.18 Tue

Represent

レペゼン #18経験

FacebookTwitterLine
 
第11回BAZOOKA高校生ラップ選手権
皆さんはもうご覧になっただろうか?
ほとんどの出場者が初参戦というフレッシュな大会だった本大会は、
第1回目の開催以降、とどまることのない人気にさらに火をつけたレベルの高い大会だった。
 
 
 
とくに1回戦から観客を沸かせたのは、「MOGURA」だろう。
見た目も中身もガリ勉、クソ真面目、という姿で参加するラッパーはDOTAMAを筆頭にたまに出てくるが、彼もその一人だった。
「格好がHIPOPじゃねえ。」などと言われて、賛否両論はあるが、舞台の上でマイクを持ったら格好も人生のバックボーンも関係ない。
彼は、初出場のその舞台で、自分よりも見た目がHIPHOPな相手に対して立ち向かい、準決勝まで上り詰めた。
単に成績だけじゃなく、ライムやフロウもなかなかのもので、彼を見てファンになった人も多いのではないだろうか。
 
 
驚くべきは、ラップを初めてまだ2ヶ月ということである。
決勝の舞台に立つまでには地方の予選があるし、本戦でも2人の強敵に勝った。もちろんどの相手も、彼よりも長いキャリアの持ち主であろう。
彼よりも沢山の「経験」のある相手に対し臆することなく進み、見事に勝っている。
「経験」を武器に、彼に立ち向かった相手は彼を少しナメていたため、足元をすくわれたかのだろうか?
 
 
どの世界においても、自分より「経験」で上回る人はたくさんいるはずだ。
「経験」は積んだ分だけ、その人の表情を変える大切な武器である。
しかし、「経験」は大切であるが、絶対条件ではない。
それを「MOGURA」が証明してくれた。
「あいつには経験がない」からといって、経験のない者を相手にしない経験者至上主義は、臆病なだけだ。
経験者に対するリスペクトはもちろん必要だが、臆することはない。気にせず進めばいい。
 
 
今後、あなたの前にも、自分より経験で勝るという人に出会うことになるだろう。
そんな時「MOGURA」の勇姿を思い出して欲しい。
ストリートの歴史を変えるのは今はまだ経験がないあなたかも知れない。

本日のFashion Snap

写真をクリックすると拡大して表示されます。

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]
Represent
レペゼン磯ビートライン
Dancer
[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]
Represent
レペゼンBoys Odd Dope
Rapper
[/wc_column] [/wc_row]
日本のストリートをレペゼンしよう。
FacebookTwitterLine
イベント一覧へ戻る

PICK UP

DOPE

  • 人気記事
  • 急上昇
  • NEW

TAG